« PP520/RH ベストラップ・ランキング(6) / IS350 GT300 | トップページ | 【PP520クラス】 ルノースポール メガーヌトロフィー ベースモデル '11 »

2017年5月25日 (木)

【PP630クラス】 SRT バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00


バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00

先日からPP630クラスのレーシングカー規定の配信イベントが始まりましたが、相当する車を復活させていないことが発覚しました。とりあえず先日紹介したGT-R GT500をパワーアップして金は獲得したのですが、このクラスでちゃんとセッティングした車を仕立ててみようと思います。で、最初はこのバイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00。なぜこの車が最初かというと、最初に目に付いたから。調べてみると他にも使えそうな車が色々とあるようなので、順次セッティングしていきたいと思います。ところで、バイパーと言えばU.S.A.代表のマッスルカー、直線番長というイメージなんですがニュルを楽しく走ることができるのでしょうか。答えはこのページの後半に。


バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00 バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00



■ チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 -
パワー系 低回転ターボ
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 630 / V1.22
出力 672ps / 6500rpm
トルク 90.4kgfm / 3500rpm
重量 1150kg


バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00

吊しの状態ではアンダーステアが強くて、やっぱり直線番長かなって感じです。が、以外と安定感があってイイ感じなんですよね。嫌いじゃ無いです、この感じ。なので、アンダーステア対策をメインにセッティングを行ってみました。バネを軟らかめにして路面に食い付きやすくして、バランスを取るためにダウンフォースを弱めて、ロール感が欲しかったので車高も少し高めました。これって、好き嫌いが分かれるところだと思うのですが、私のスタイルで詰めていくとこうなっちゃうんですよね。しかし、吊しの状態よりニュル北で10秒以上タイムが短縮したし、配信イベントもあっさりとGT-Rのタイムを更新しました。このセッティングをベースにして、もう少し詰めてあげればもっと速い車になりそうですよ。


■ セッティング内容 ■

タイヤレーシングハード-
車高調整 (F/R) 60 / 60-
スプリングレート (F/R) 17.00 / 19.00-
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 5-
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 5-
スタビライザー (F/R) 3 / 4-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20-
LSD:イニシャル (F/R) - / 10-
LSD:加速側 (F/R) - / 30-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速6MT / 330-
ダウンフォース (F/R) 300 / 470-


バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00 バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。


« PP520/RH ベストラップ・ランキング(6) / IS350 GT300 | トップページ | 【PP520クラス】 ルノースポール メガーヌトロフィー ベースモデル '11 »

SRT」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583972/65323709

この記事へのトラックバック一覧です: 【PP630クラス】 SRT バイパー GTS-R (Team Oreca) #91 '00:

« PP520/RH ベストラップ・ランキング(6) / IS350 GT300 | トップページ | 【PP520クラス】 ルノースポール メガーヌトロフィー ベースモデル '11 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ