2016年6月15日 (水)

【PP630クラス】 BMW Z4 GT3 '11


Z4 GT3 '11

引き続き今回もレーシングカーを紹介します。SuperGTの300クラスでも大活躍したBMWのZ4。初音ミクのイラストでラッピングされた姿が衝撃でした。うちの近所で時々痛車を見かけることがあったのですが、ついにレース界に痛車が登場かって。最初はちょっと否定的な目で見ていましたが、その速さを見せつけられるにつれ、ファンになってしまいました。車も僕たち人間と同じ、見た目じゃないんだって。外見がどうあれ、最終的に何を成し遂げるのかが重要なんだってね。結局、谷口・片岡両ドライバーのコンビでシリーズチャンピオン獲っちゃったしね。ところで、この車ペイントできないんですね。GSミクっぽい色に塗って走りたかったんだけど、残念です。


Z4 GT3 '11 Z4 GT3 '11



■ チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 -
パワー系 低回転ターボ
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 623 / V1.22
出力 605ps / 7500rpm
トルク 72.6kgfm / 5000rpm
重量 1190kg


Z4 GT3 '11

ノーマルのZ4はニュートラル~アンダーに感じたんですが、こいつは弱オーバーステアという感じです。オーバーステアと言ってもリアが出るタイプではなく、フロントを巻き込む感じのオーバーステア。なので、ペダル操作はそれほど気にしなくても良いのですが、ステアリング操作はちょっと気を遣います。常に修正舵の準備をしていないといけない感じ。フラットなコースはいいんですが、ニュル北みたいな所だといきなりフロントが巻き込んだりする。もう少しアンダー気味にセッティングした方が良いかも知れませんね。しかし、そういった素性を知った上で乗る分にはかなり楽しく走れます。じゃじゃ馬をねじ伏せて乗る感じ、って言うのかな。ただし、縁石を踏むと大きく挙動を乱します。コース内をしっかりキープして走って下さい。


■ セッティング内容 ■

タイヤレーシングハード-
車高調整 (F/R) 65 / 65-
スプリングレート (F/R) 17.50 / 17.50-
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 4-
ダンパー伸び側 (F/R) 6 / 4-
スタビライザー (F/R) 4 / 3-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.10-
LSD:イニシャル (F/R) - / 10-
LSD:加速側 (F/R) - / 30-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速320-
ダウンフォース (F/R) 300 / 600-


Z4 GT3 '11 Z4 GT3 '11



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2016年3月 9日 (水)

【PP500クラス】 BMW 135i クーペ '07


135i クーペ '07

BMWには1シリーズとか、3シリーズとか色々あるわけですが、BMWファンには申し訳ないことに街で見かけても私には区別が付きません。どれも同じに見えてしまう。もちろん、並べてみれば大きさや細かいデザインが違うってのは分かりますけど。同じに見えてしまう原因の一つはキドニーグリルかも知れませんね。今年からSuperGTに参戦予定のM6 GT3も含めて、BMWの車はどれも同じようなフロントグリルの形状ですもの。逆に言えば、車種は分からないけど絶対にBMWの車だって分かる。デザイナーは大変でしょうね、グリルを変えてはいけないんだもの。日本でも最近はレクサスが同じようなことを始めてますね。どの車も同じような形状のフロントグリルを付けて、ぱっと見でメーカーが分かるようにしている。とは言え、レクサスのグリルはBMWの足下にも及ばないと思うけど。ところで今回の車ですが、見た目勝負でエアロパーツを装着してます。高級セダンっぽい車だけど、結構カッコ良くなったでしょ?


135i クーペ '07 135i クーペ '07



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、吸気系チューン
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ エアロパーツB
ホイール -
PP / Ver. 499 / V1.22
出力 367ps / 6100rpm
トルク 47.6kgfm / 4600rpm
重量 1248kg


135i クーペ '07

この車、FRにしてはオーバーステアがかなり強いですね。ただし、パワーによってリアが出るタイプでは無く、フロントが食い付きすぎって感じのオーバーステアです。なので、PP499までチューンアップしましたけど、やはりパワースライドはあまり気にしなくて良いみたい。CSタイヤでは少し重さを感じるというか、ニュル北のようなコースでは気を遣う必要があります。SHタイヤ以上を履けば、かなり攻めても安定しているんですけどね。まぁ、車格から言えばコンフォートタイヤは不相応って事でしょうか。油断しているといきなりオーバーステアが出るので、大きくステアリングを切る時はご注意ください。ところでこいつのエンジンですが、トルク特性がとってもフラットなのでシフトダウンをサボってもしっかり加速してくれるのは良いですね。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 120 / 12090 / 90
スプリングレート (F/R) 5.50 / 6.508.00 / 9.50
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 6 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 2 / 24 / 4
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20
LSD:イニシャル (F/R) - / 5
LSD:加速側 (F/R) - / 20
LSD:減速側 (F/R) - / 10
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) --


135i クーペ '07 135i クーペ '07



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2015年4月14日 (火)

【PP450クラス】 BMW Z4 '03


Z4 '03

街中で見かけることはありませんが(実は、うちの会社の役員が乗ってたりしますけど)、Z4と言えばSuperGTの300クラスでチャンピオンを取ったりして自動車レースファンにとっては有名な車です。レースで使っているのはGT3車両なので性能などは全く別の車になっちゃっているんでしょうけどね。ロングノーズにショートデッキというのはアメ車の定番であるわけですが、アメ車とは全く異なる印象のデザインですね。ボンネットが前へ行くほど高くなっているように見えてしまうのは気のせいでしょうか。ヘッドライトの形状がそう錯覚させるのかな?「カッコいい」って言うのとはちょっと違ってるんですが、なんだか気になって仕方がない車です。GT6を初めてすぐにMクーペを仕立てたのですが、とっても乗りやすかった。では、M社の手が入っていないオリジナルのZ4はどうなんでしょう。ところで、標準でCSタイヤを装着しています。BMWって高級車でしょ?最低でもスポーツタイヤだと思うんだけどな。


Z4 '03 Z4 '03



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、ツインプレートキット、フルカスタマイズLSD、カーボンプロペラシャフト
パワー系 スポーツ触媒
ボディ系 剛性アップ、軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 標準品
PP / Ver. 449 / V1.17
出力 255ps / 6200rpm
トルク 32.7kgfm / 3700rpm
重量 1117kg


Z4 '03

どちらかと言えばアンダーステア傾向に感じますが無改造でも大変乗りやすい。ステアリングの反応も良いし、リアも滑らない。4輪のグリップバランスがとってもいい感じ。今回はPP450で仕立てましたが、パワーアップしてPP500以上を狙っても楽しそうですよ。コーナーの出口でラフにアクセル操作しても全く滑る気がしません。4つのタイヤがしっかり路面を掴んでいる感じです。逆に言うと、ちょっと滑らせて向きを変えようなんていう乗り方には向きませんね。そんな走りが得意な人はブレーキバランスをいじってみてください。ちょっと車体の重さを感じることもありますが、最近紹介したPP450クラスの中ではかなり使いやすい車の一台です。なお、加速の際は6000rpmを超えたらシフトアップしていった方が良さそう。レースでは5000rpm辺りを中心に使っていくとイイ感じですよ。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 95 / 9575 / 75
スプリングレート (F/R) 4.30 / 5.507.00 / 9.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 4
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.150.00 / 0.10
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速280
ダウンフォース (F/R) --


Z4 '03 Z4 '03



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


2014年11月28日 (金)

【PP550クラス】 BMW M4 Mパフォーマンスエディション


M4 Mパフォーマンスエディション

正直言ってM4自体は興味が無かったのですが、このBMWワークスのカラーリングに惹かれてしまいました。これって、「サーキットの狼」の時代には既にありましたよね、確か。2002ターボでしたっけ、調べていないけどそんな名前の車だった気がする。最近ではSuperGTに参戦中のZ4もこのカラーリングです。スタディーZ4だけではなく、よく見るとミク号もTWS号もこの色が使われているんですよ、カッコいいよね-。しかも速いしね。で、このM4ですがボディ・サイドにでっかく「Safety Car」って書いてあるのがちょっと残念だったんですよ。でも、カスタムパーツショップに行ったらパトライトを売っているじゃないですか。付けるしかないでしょ、パトライト。なんてったってセーフティーカーなんだもの。と言うわけで、最速ラップを更新する勢いのペースカーを仕立ててみよと思います。ちなみにですが、リプレイではちゃんとルーフとフロントグリルのパトライトが点滅してます。GT-Rのペースカーってのもありますが、こちらはどうなのかな?GT5の時は点滅していなかったけど。


M4 Mパフォーマンスエディション M4 Mパフォーマンスエディション



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルはオリジナルがカッコいいのでそのままです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット、
カーボンプロペラシャフト
パワー系 エキゾーストマニフォールド、吸気系チューン
ボディ系 剛性アップ、軽量化3、ウィンドウ軽量化
外装パーツ パトライト(性能には関係ないけど。。。)
PP / Ver. 547 / V1.14
出力 494ps / 5700rpm
トルク 64.2kgfm / 4500rpm
重量 1232kg


M4 Mパフォーマンスエディション

若干アンダーステアに感じますが、どっしりして安定感はバツグンです。スポーツハードでも余程の無理をしない限りリアが滑るようなことがない。スポーツソフトに限定すればPP600クラスでも十分いけそうな気がします。けど、今回はスポーツハードをメインに使いたいため、このスペックに抑えました。しかしスーパーカー・フェスティバルでも立派に通用する車になりましたよ。スポーツソフトを履けば、ニュル北では以前紹介したアウディのR8とほぼ同じタイムが出せます。ミッドシップ4WDと同じタイムが出せるFRって、貴重な存在じゃないかな。乗り方としては、ステアリングを真っ直ぐにした状態でブレーキングを完了することがポイントです。ステアリングを切った状態の時にブレーキが残っているとフロントのグリップが失われます。ブレーキバランスで修正できそうですがコースによって状況が変わるので必要に応じてご自分で合わせ込んでください。いずれにしても、他の車が付いてこられないスピードでラップするセーフティーカー、乗ってたいと思いませんか?
補足です、ミッションは7速まで有るのですがシフトチェンジが忙しいので7速をオーバートップ気味にしてあります。ATの人は最高速を下げた方が良いと思います。


タイヤ
スポーツハード スポーツソフト
車高調整 F10090
R10090
スプリングレートF5.507.00
R6.508.50
ダンパー(伸び側)F5
R45
ダンパー(縮み側)F3
R45
スタビライザーF3
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.15
LSD:イニシャルF--
R15
LSD:加速側F--
R35
LSD:減速側F--
R20
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX340
ダウンフォース F --
R --


M4 Mパフォーマンスエディション M4 Mパフォーマンスエディション



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


2014年8月 8日 (金)

【PP550クラス】 BMW M3 クーペ '07


M3 クーペ '07

ラグジュアリーカーで普段走らないコースをのんびりレキでもしようかと思い立った際、知り合いがこの車に乗っているのを思い出しました。「走る・曲る・止まる、全てが安定感と安心感の塊だぜ!」って言ってました。けど、「日本の街乗りじゃ、性能の20%位しか使ってないんだろうなー」とも言ってました。ただのBMWじゃなくて『M』ですからね、日本で言ったらニスモみたいな感じ? 320のディーゼルに乗ったことがあるのですが、高速道路で横風を受けても微動だにしない安定感とシートに背中が張り付くような加速感に驚いたものでした。エンジンは違いますが、その3シリーズにMの手が入っているわけですからね、実物はレーシングカーに近いポテンシャルなんじゃないでしょうか。で、無改造でレキを始めたわけですがGTプレイヤーの悲しい性か、ついつい床までアクセルを踏み込んじゃうんですよね。そうすると、やっぱり重さとかミッションとか気になりだして、結局セッティングしちゃうのでした。ところで、海外の映画やドラマを見ていると悪役は必ずと言って良いほどBMWに乗っていると思いませんか?主人公が乗っているのは見たことが無い。主人公はだいたいがアウディ、アストン、フェラーリなんかでしょ?何でだろうね、BWMかわいそ過ぎ。


M3 クーペ '07 M3 クーペ '07



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルは同じインチで変えてます、赤いキャリパーが目立つように。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット、
カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、レーシングマフラー、エキゾーストマニフォールド、
スポーツ触媒、吸気系チューン
ボディ系 剛性アップ、軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 545 / V1.11
出力 552ps / 9100rpm
トルク 49.9kgfm / 4600rpm
重量 1325kg


M3 クーペ '07

車体は重いし、パワーは有るしでちょっと心配だったのですが、知り合いが言っている通りバツグンの安定性でした。セッティングもあまりいじるところがなくて、タイム向上と言うよりは自分の好みに合わせて味付けを変えてみました、っていう感じ。若干アンダーステアを感じますが、スピードの出し過ぎに気をつければ問題なし。アクセルONではプッシングアンダーが強めに出ますけど、そこはドライビングでカバーしてください。SHタイヤでは車体が重いためか、高速コーナーで外へはらんでしまう傾向があります。けど、こらえようとして無理にステアリングを切り増しするとさすがに不安定になりますからご注意ください。そんな時はステアリング操作ではなくてアクセルを少しだけ抜いてあげればOkです。もう少し軽くできれば全く文句なしの車なんですが、これはこれでかなり楽しい車に仕上がったと思いますよ。高級車ならではのゆったり、まったりした走りを楽しみながら、余裕でウァイラなんかをブッちぎってあげましょう。


タイヤ
スポーツハード スポーツソフト
車高調整 F8575
R9590
スプリングレートF6.008.00
R7.3010.00
ダンパー(伸び側)F5
R5
ダンパー(縮み側)F3
R5
スタビライザーF45
R45
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.15
LSD:イニシャルF--
R20
LSD:加速側F--
R50
LSD:減速側F--
R30
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX320
ダウンフォース F --
R --


M3 クーペ '07 M3 クーペ '07



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


2014年2月21日 (金)

【PP500クラス】 BMW 120d '04


120d '04

配信イベントやら何やらで少し間が空きましたが、今回はディーゼル車を紹介したいと思います。
市販車では唯一のディーゼルでしょうか?全車種を調べたわけではないので分かりませんが。日本の自動車メーカーは一部のSUVを除いてほとんどディーゼル車を作らなくなっちゃいましたけど、欧米では相変わらず高い人気のようですね。日本のメーカーだって、欧米向けにはディーゼル搭載車を投入してますものね。アコードのディーゼル車なんてすごいですよ。ガソリン車より数段走りがいいと思う。なんで日本に投入しないんだろうね。
それはともかく、この120dはBMWの1シリーズ・ワンメイク向けに仕立ててみましたが、シュワルツ・ヴァルド・リーグやツアー・オブ・ヨーロッパなんかも楽勝の一台となりました。デザイン的にはイマイチなんですけどね。前から見るとBMWなんだけど、後ろから見るとエンブレムがなければ何だか分からない車なんだものな。


120d '04 120d '04



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイールは2インチアップしてます。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット、
カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン3、レーシングマフラー、エキゾーストマニフォールド、
スポーツ触媒、吸気系チューン、高回転ターボ
ボディ系 剛性アップ、軽量化3
外装パーツ -
PP / Ver. 494 / V1.04
出力 326ps / 4800rpm
トルク 54.0kgfm / 3800rpm
重量 1174kg


120d '04

MR並にリアが出る車ですね。なので直進安定性を確保するようにセッティングしました。けど、回頭性はまだ残っているので、よく曲る車になってます。リアの不安定さがちょっと残っているのと、低速トルクが太いのでコーナー立ち上がりのアクセルワークには注意が必要です。ディーゼルの特性を生かして、いつもより1速高いギアでコーナリングするようにすれば良さそうですよ。それでも気になる人はリアのバネを弱めてみてください。
この車はレッドゾーンまで回すより5000回転をちょっと超えたあたりでシフトアップしていくと車速の伸びが良さそうです。シフトアップした時の回転が4000回転くらいになるのがちょうどイイ感じ。なので、コース毎にTMを調整することをお勧めします。これって、ATでは難しいですよね。この車はMT専用車両かも知れないです。
実車ほどではないにしろ、ディーゼルの楽しさを味わえる車じゃないかと思うので、お金と時間のある方は是非乗ってみてください。でもって、みんなでポリフォにディーゼル車の追加をリクエストしましょう!


タイヤ
コンフォートソフト スポーツソフト
車高調整 F10095
R10095
スプリングレートF6.308.00
R6.308.00
ダンパー(伸び側)F6
R4
ダンパー(縮み側)F4
R4
スタビライザーF3
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.05
R0.15
LSD:イニシャルF--
R20
LSD:加速側F--
R60
LSD:減速側F--
R30
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッション MAX 280
ダウンフォース F --
R --


120d '04 120d '04



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


2013年12月15日 (日)

【PP500クラス】 BMW Z4 M クーペ '08


Z4 M クーペ '08

さて、GT6最初に紹介するのはZ4 Mクーペです。
GT5ではとても乗りやすかったので、セッティングの練習をするためと、楽して賞金を稼ぐために選んでみました。GT6でもやっぱり安定していて乗りやすいです。現状PP500を超えてますが、吸気系をノーマルに戻せばPP500以下のレースにも参戦できます。他にレビン(AE86)とRX-7も使っていますが、ちゃんとセッティングせずに使っているのでちょっと疲れます。けど、セッティングが出ていなくても勝てちゃうので、ちゃんと仕上がったらかなりの戦闘力になるんじゃないかと。それはまた別途紹介するとして、今日はZ4です。


Z4 M クーペ '08

Z4は無改造でも安定性が高くて、PP500クラスのレースなら余裕で勝てちゃいます。ラフな操作をしてもリアが滑るなんて事がないんですね。もともとのハンドリングも良いのですが、セッティングでさらに向上させることができるのか試してみました。しかし、正直言ってGT6のセッティングはまだ良く分からない所もあります。ので、パワーアップすると挙動が不安定になる恐れもあり、出力向上は少しだけに抑えてます。
どうやら、GT6では足回りをガチガチに固めるより、ある程度のロール量を残してあげた方が操作性が良いようです。GT5では、とりあえず車高を下げて硬めの足回りにしとけば良かったんですけどね。GT6ではタイヤの種類によって細かくサス調整した方が良さげですよ。今回はまだ調整中と言うことで同じような設定になってますので、色々試してみてください。


で、とりあえずのチューニング内容&スペックは以下のようになりました。

Z4 M クーペ '08


足回り フルカスタマイズ・サス
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット、
カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、エキゾーストマニホールド、スポーツ触媒、
吸気系チューン
ボディ系 剛性アップ、軽量化1
外装パーツ -
PP / Ver. 506 / V1.01
出力 422ps / 8200rpm
トルク 43.9kgfm / 5300rpm
重量 1360kg


Z4 M クーペ '08

縁石を踏んでも、脱輪しても安定しているので早めのステアリング操作をしてインカットするくらいのつもりで攻めると楽しい車です。ベストラインでクリッピングに付くより、突っ込んで鋭角に曲る感じ?で、アクセルをガツンと踏んでもリアが暴れずにススッと加速してくれます。ブレーキング中はステアリングが敏感になるので、車速を落とし過ぎずに、タイヤがキーキーいうくらいが乗りやすいかも。
切り返しの多いコースではもう少しロールするようにした方が良さそう、アップダウンの激しいコースではバネを弱めた方が良さそう、という改善点も見えてきていますが、とにかく乗りやすいので一度乗ってみて。色んなレースで活躍できる車ですよ。でもって、良いセッティングが出たら教えてください。


タイヤ
コンフォートソフト スポーツソフト
車高調整 F70
R90
スプリングレートF7.008.50
R8.5010.00
ダンパー(伸び側)F6
R6
ダンパー(縮み側)F4
R6
スタビライザーF34
R44
キャンバー角F1.5
R1.0
トー角F-0.05
R-0.05
LSD:イニシャルF--
R10
LSD:加速側F--
R50
LSD:減速側F- -
R25
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F - -
R - -
トランスミッション MAX 300


Z4 M クーペ '08 Z4 M クーペ '08


と言うわけで、とりあえず全ライセンスを取得できたので色んな車をセッティングしながらオンラインにも参戦していきたいと思っています。どこかでお目にかかった際にはよろしくお願いします。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ