2016年8月30日 (火)

【PP500クラス】 フォルクスワーゲン ニュービートル RSi '00


ニュービートル RSi '00

ニュービートルってチョロQみたいで好きです。RSiはそれのメーカー純正スポーツ仕様だそうで、大きく張り出したフェンダーやらバカでかいリアスポイラーやら、限界ギリギリまで攻めてますね。これ以上やったら下品になってしまうと言う、ビートルの可愛らしさを失わないギリギリの線をキープできていると思う。カテゴリーは一応4WDということになっていますが、普段はFFらしいです。で、必要に応じてリアに駆動力が配分されるらしい。「必要に応じて」と言うのがいつのことなのか良く分かりませんが。乗った感じも普通のFFです。つまりアクセルONではオーバーステア、アクセルOFFでタックインという。あちこち走り回ってみましたが、いつリアタイヤが駆動されるのか分かりませんでした。タイヤインジケータもリアは青いまま。何はともあれ、4WD乗り比べのラインナップに加えておきますけどね。


ニュービートル RSi '00 ニュービートル RSi '00



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン3、スポーツコンピュータ、セミレーシングマフラー、エキゾーストマニフォールド
スポーツ触媒、吸気チューン
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 同インチで交換
PP / Ver. 500 / V1.22
出力 402ps / 6900rpm
トルク 49.0kgfm / 3900rpm
重量 1217kg


ニュービートル RSi '00

4WDということなので、PP500までパワーアップしたのですが大失敗ですね。ほぼFFの特性なので、曲がりにくくなっただけです。駆動力配分やLSDなどもいじってはみたのですが、どうしても落としどころが見つからない。結局、標準仕様が一番落ち着くんです。アクセルONでは全くと言っていいほど言うことを聞かない車なので、タックインを使って向きを変えるしかなさそうです。この車のアドバンテージは絶対にスピンしない、それ以外は無いかな。この車に乗ってみようという方は、パワーアップは控えめにして軽量化に専念した方が良さそうですよ。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 100 / 10080 / 80
スプリングレート (F/R) 4.50 / 6.007.00 / 9.00
ダンパー縮み側 (F/R) 2 / 33 / 4
ダンパー伸び側 (F/R) 4 / 35 / 4
スタビライザー (F/R) 3 / 44 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.10
LSD:イニシャル (F/R) - / 5
LSD:加速側 (F/R) - / 20
LSD:減速側 (F/R) - / 10
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) --


ニュービートル RSi '00 ニュービートル RSi '00



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。
★ 内容によってはTwitterで紹介や解答させて頂きます。



2015年12月19日 (土)

【PP450クラス】 フォルクスワーゲン ゴルフ Ⅵ R '10


ゴルフ Ⅵ R '10

なんだかフォルクスワーゲンは大変なことになってますね。VWの車はどれも足回りはしっかりしてるし、とっても良い車だと思うんだけど、ズルはだめだよねー、チートカーって呼ばれちゃうよ。規制を通すにはコストが合わないって、日本のメーカーは北米投入を断念したりしてるんだからね。ちゃんとルール通りにやってもらわないと。
ゴルフⅣは乗ったことがあるのですが、硬めの足でとっても乗りやすかった。硬めと言ってもゴツゴツした感じじゃなくて、路面をしっかり掴んでいる感じの堅さ。高速道路を走ったけど、フワつく感じが全く無くて100km/hが遅く感じてしまう走りでした。で、このゴルフⅥですが、実車は知りませんけどやっぱり良い車って感じですよ。PP450クラスの4WDの中では、っていうより、うちのガレージのPP450クラスの中でトップクラスの速さです。


ゴルフ Ⅵ R '10 ゴルフ Ⅵ R '10



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト、駆動力配分デフ
パワー系 -
ボディ系 軽量化2、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 同インチで交換
PP / Ver. 449 / V1.22
出力 269ps / 6000rpm
トルク 35.3kgfm / 2500rpm
重量 1285kg


ゴルフ Ⅵ R '10

吊しの状態ではかなり乗りにくい車です。アクセルを踏むと超アンダー、アクセルを離すと強いタックインが生じます。LSDと駆動力配分の影響が大きいと判断して、これらをセッティングしたらかなり改善しました。CS/SHタイヤでは、若干タックインの挙動が残っていますが相当乗りやすい車に仕上がりましたよ。特にCS/SHなど硬めのタイヤでは手持ちのPP450クラスの中ではトップクラスの速さです。小細工をせずに、セオリー通り(スローイン&ファーストアウト、アウト・イン・アウトなど)に走れば驚くようなタイムが出ます。4WDの安定性と、MRの運動性能を合わせたような(と言ったら言い過ぎかも知れませんが)車です。楽してレースをこなしていきたい人にはもってこいの車だと思いますよ。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 120 / 120100 / 100
スプリングレート (F/R) 4.50 / 5.526.20 / 8.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 44 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 46 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 45 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.150.00 / 0.10
LSD:イニシャル (F/R) 5 / 10
LSD:加速側 (F/R) 5 / 30
LSD:減速側 (F/R) 5 / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) 30 : 70
トランスミッション 最高速280
ダウンフォース (F/R) --


ゴルフ Ⅵ R '10 ゴルフ Ⅵ R '10



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


2014年1月22日 (水)

【配信TT/PP460】 フォルクスワーゲン シロッコ R '10


シロッコ R '10

カッコいいですねー、このフロントマスク。バンパーの下側に大きく開いたグリルと、上部のヘッドライトをつなぐように配置された2つのグリル。ヘッドライトもちょっとつり目でとても引き締まった顔つきに見えます。
GT5のシロッコは大変乗りやすかったので、今回のタイムトライアルは楽勝だろうと高を括ってたのが大きな間違い。セッティングに結構苦労しちゃいました。コンフォートソフトだと超アンダーステアなんですよね。タイヤのグリップ感が全然無い。で、思ったのですがGT6になってからコンフォートソフトのグリップが落ちているような気がしませんか?GT5よりコンフォートソフトとスポーツハードの差が広がっているように思います。落ちていると言うより、リアルになったと言った方が良いのかな?
そんなわけで、パワーアップしすぎて全然グリップしなくなってしまったインテグラの反省を踏まえて、今回は余剰PPを全て軽量化に当てました。


シロッコ R '10 シロッコ R '10



チューニング内容とスペックは以下の通りです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット
パワー系 -
ボディ系 剛性アップ、軽量化3
外装パーツ -
PP / Ver. 460 / V1.03
出力 269ps / 6000rpm
トルク 35.3kgfm / 2500rpm
重量 1170kg


シロッコ R '10

FFなのでスピンすることは無いわけですが、コンフォートソフトで攻めた走りをするのはやめた方が良い。ステアリングを切っても真っ直ぐ行こうとするんだもの。コーナーの入り口でしっかり減速して、コーナーの出口を向いてからアクセルを踏んでください。スポーツハード以上であれば、コーナリング中でもアクセルを踏めるんですけどね。 レースで使うなら、スポーツハード以上をお勧めしますよ。
とは言え、配信TTは28秒台(スキリカ使って26秒台)でクリアできたので全くダメってわけでも無いんですけどね。但し、超アンダーステア対策の乗り方が必要です。例えば、コーナーをインカットするくらいのイメージで早めにステアリング操作を始めるとかね。さぁ、ゴールド目指してがんばりまっしょい!


タイヤ
コンフォートソフト スポーツソフト
車高調整 F9580
R120110
スプリングレートF5.507.50
R7.0010.00
ダンパー(伸び側)F6
R4
ダンパー(縮み側)F4
R4
スタビライザーF4
R45
キャンバー角F0.4
R0.0
トー角F-0.03-0.05
R0.050.00
LSD:イニシャルF5
R--
LSD:加速側F30
R--
LSD:減速側F10
R--
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッション MAX 300


シロッコ R '10 シロッコ R '10



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ