2016年5月22日 (日)

【PP500クラス】 ロータス エスプリ V8 '02


エスプリ V8 '02

エスプリ、カッコいいですね。カウンタックやNSXと並べたりするとさらにイイ感じです。元々、こういったシュッとしたシルエットが好きなので。スーパーカーには必須のリトラクタブルライトだしね。残念ながら今は生産していないようですが。この車、実物は見たことがありません。覚えているのは007の映画に出てきた潜水艦みたいに水中を潜行するエスプリのみ。だけど、それはそれで良いんです。見たことも無い車に乗れるってのがグランツーリスモですからね。どうせなら、少しお遊びの要素も追加して潜水艦バージョンのエスプリなんかも買えると良いな。そしたら、ディーラーの名前は「MI6」になるのかな?


エスプリ V8 '02 エスプリ V8 '02



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット
パワー系 -
ボディ系 軽量化1、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 498 / V1.22
出力 376ps / 7000rpm
トルク 42.8kgfm / 4500rpm
重量 1240kg


エスプリ V8 '02

吊しだとかなりリアが滑るのですが、サスを変えるだけで直ってしまいました。が、ちょっとじゃじゃ馬系の車なのでパワーアップはしていません。基本はオーバーステアだと思うのですが、変なアンダーが出たり、タックインみたいな挙動が出たりとどうも安定しません。フラットなサーキットでは、その旋回性能の高さからかなり良いタイムが出るんですが、ニュル北みたいなアップダウンの激しいコースでは挙動の予想が難しい。かなり疲れます。コーナリング中は少し駆動力をかけていた方が安定します。なので、早めに減速して軽くアクセルを踏みながら曲がりましょう。足回りの変更にはかなり敏感に反応しますので、いじるときは慎重に。


■ セッティング内容 ■

タイヤスポーツハードスポーツソフト
車高調整 (F/R) 100 / 10080 / 80
スプリングレート (F/R) 6.00 / 6.007.00 / 7.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 53 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 55 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 3
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20
LSD:イニシャル (F/R) - / 15
LSD:加速側 (F/R) - / 25
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) --


エスプリ V8 '02 エスプリ V8 '02



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2015年10月31日 (土)

【PP450クラス】 ロータス エリーゼ '11


エリーゼ '11

ちょっと更新が滞っている間に140万アクセス突破!オンラインは過疎り気味っぽいですが、一人でもセッティングに精を出している人がいる限り、続けていこうと思いますので今後ともよろしくです。実は、先日搭載されたコースメーカーが意外と楽しくて、毎日コースをいじってます。コースを作ると言うより、セッティング中の車が苦手なコーナーを作って、そこを走り込むことでセッティングの確認をしたりしてます。そうして鍛えたのが、このエリーゼ。GT5の時はかなりの人数が乗っていましたが、GT6になってからあまり見かけませんね。同PPで比較するとGT5のような圧倒的な速さが無くなってしまったのが原因かも知れません。が、ちゃんと鍛えれば結構使える車だと思いますよ。余談ですが、タブレットを持っていないからとコース作りを諦めている方。もしパソコンをお持ちでしたら「BlueStacks」を検索してみてね。


エリーゼ '11 エリーゼ '11



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット
パワー系 エンジンチューン3、スポーツ触媒
ボディ系 カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ ハードルーフ
ホイール -
PP / Ver. 449 / V1.21
出力 207ps / 7500rpm
トルク 23.2kgfm / 5000rpm
重量 861kg


エリーゼ '11

吊しの状態でも結構安定しています。ちょっとフロントが食いつきすぎる気はしますがリアは安定している。元々が軽い車なので余ったPPを全てパワーアップに使ってみました。と言っても207ps程度なのでパワーオンでリアが滑るようなことはありません。安心してアクセルを踏み込んでください。ただし、コーナリング中にアクセルをOFFしたり、ブレーキを踏んだりするとタックインのような、急にフロントが食いついてリアが振られる現象が出ます。コーナリング中は軽くアクセルを踏んでいた方が速く回れますよ。一応フロントの食いつきすぎは抑えたつもりですが、まだ気になる方はフロントをもう少し硬めにしてみてください。リアウィングを付けるより効果があります。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 105 / 10585 / 85
スプリングレート (F/R) 5.50 / 7.807.50 / 9.50
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 34 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 6 / 36 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 35 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 20
LSD:減速側 (F/R) - / 15
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速250
ダウンフォース (F/R) --


エリーゼ '11 エリーゼ '11



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


2015年2月26日 (木)

【PP500クラス】 ロータス エヴォーラ '09


エヴォーラ '09

今年のSuperGTは、GT300クラスにエヴォーラが出てくるらしい。まぁ、エヴォーラとは言っても外見だけ、中身は別物(SuperGTの共通シャシ)らしいのですが。しかしついにロータスまで参戦となると、ますますGT300クラスは盛り上がりそうです。ウラカンやRF Cも出てくるそうだし、これだけ色んな車が走るレースも他に無いですからね。まるでGT6の世界と一緒じゃないですか?
ドライバーは昨年マクラーレンに乗っていた高橋、加藤両選手です。マクラーレンはトラブルが多くて大変だったらしいので、是非早い段階で車を仕上げて、見ていて楽しいレースを展開して欲しいですね。GT300クラスは、おそらくSLSがトップ集団を築くんでしょうけど気がついたらエヴォーラがすぐ後ろに!なんていうのを期待しちゃいます。SuperGTを見るためだけにスカパーに加入している私としては、視聴料のもとが取れるほどの熱いレースが見たいです。


エヴォーラ '09 エヴォーラ '09



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルはオリジナルです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット
パワー系 エンジンチューン1
ボディ系 剛性アップ、軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 499 / V1.15
出力 326ps / 6600rpm
トルク 39.9kgfm / 4600rpm
重量 1088kg


エヴォーラ '09

アクセルONでは安定している車ですが、アクセルOFFやちょっとしたブレーキングでものすごいオーバーステアが発生しますね。ちょっとフロント荷重になった瞬間、フロントタイヤが地面に張り付いてしまう感じです。こういった場合の手立ては一つ、フロントを固めてしまいましょう。それと、少ない操舵角で向きを変えられるようにするのも効果があります。これによりアンダーステア傾向になってしまうわけですが、コーナーでブレーキを踏むたびにドキドキしなくて済みます。とは言っても、今回のセッティングはオーバーステアを少し残してありますので、やはりコーナリング中のペダル操作には注意が必要です。アクセルは安心して踏めるんですけどね。もっと安定させたいという方はリアのバネを弱めてください。下手にLSDをいじるより効果がありますよ。まぁ、私には乗りこなせないんですけどね。


タイヤ
スポーツハード スポーツソフト
車高調整 F9585
R9585
スプリングレートF8.009.50
R8.0010.00
ダンパー(伸び側)F67
R5
ダンパー(縮み側)F45
R5
スタビライザーF34
R34
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.05
R0.20
LSD:イニシャルF--
R15
LSD:加速側F--
R40
LSD:減速側F--
R2025
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX280
ダウンフォース F --
R --


エヴォーラ '09 エヴォーラ '09



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


2014年4月27日 (日)

【PP450クラス】 ロータス ヨーロッパ スペシャル '72


ヨーロッパ スペシャル '72

その昔、デパートの駐車場で催されたスーパーカーショーで見た、ボンネットにJ.P.S.のロゴをペイントをしたロータス ヨーロッパSPはものすごくカッコ良く見えたんですよ。GT5に収録されている車の中では最も美しい車の1台だったわけですが、GT6ではディーノが収録されたので少なくとも1位の座からは落ちてしまった。前から見ると良い勝負なんですが、キャリングボックスを載せた軽トラックに見えなくも無いリアビューは、ディーノにかなわない。タイヤがフェンダーに当たっているようにも見えるしね。
しかし、今になってスペックを見てみるとAE86のレビンやトレノと変わらないのね。製造された時代はちょっと違うけど、スーパーカーって騒ぐほどのものじゃなかったのかな。しかし、サーキットの狼だものな。なんだかんだ言っても、やっぱりすごい車なんだ、きっと。


ヨーロッパ スペシャル '72 ヨーロッパ スペシャル '72



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルは2インチアップしました。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット
パワー系 エンジンチューン3、吸気系チューン
ボディ系 剛性アップ
外装パーツ -
PP / Ver. 449 / V1.06
出力 177ps / 6800rpm
トルク 20.6kgfm / 5800rpm
重量 730kg


ヨーロッパ スペシャル '72

まともに周回できない車ランキングがあったとしたら、今のところダントツ1位の車です。ノーマルでは全くと言って良いほどまともにコーナリングできません。フロントがフニャフニャでリアも不安定この上ない。この特性はサスをいじっても根本的には変わりません。一応、PP500のイベントで勝てるようにはなりましたがブレーキング時の挙動が全く予想できない。なので、ステアリングを切った状態でのブレーキは厳禁です。また、縁石や脱輪も御法度。早めのブレーキングを心がけながら、コース内を綺麗に走っている分にはアクセルONでリアが滑るようなことも無くNSXを抜くこともできますが、ちょとラフなブレーキングや縁石を踏んだりすると、どこへ行くのか分からなくなっちゃいます。
キャンバー調整ができればコーナリング中の前後のグリップ・バランスを変えたりして改善できるのかも知れませんが、現状ではこれが精一杯。いずれ不具合が修正されたら再セッティングしたいと思います。カッコいい車だけに、このまま放って置くのはもったいないですからね。


タイヤ
コンフォートソフト スポーツソフト
車高調整 F8070
R8070
スプリングレートF5.307.50
R5.708.00
ダンパー(伸び側)F6
R5
ダンパー(縮み側)F4
R5
スタビライザーF5
R45
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.15
LSD:イニシャルF--
R20
LSD:加速側F--
R60
LSD:減速側F--
R30
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッション MAX 260
ダウンフォース F --
R --


ヨーロッパ スペシャル '72 ヨーロッパ スペシャル '72



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


2014年1月26日 (日)

【PP500クラス】 ロータス エリーゼ 111R '04


エリーゼ 111R '04

GT5のオンライン・ルームでは相当嫌われ者だったエリーゼですけど、GT6ではどうなんでしょうね。
無改造ではGT5より不安定になっている気がしますが、NSXほどではないようです。セッティングが決まれば同じPP同士であればかなり速い車であることは変わりない感じ。私としては、好んで乗るほどの車ではないんですけどね。しかし、ワンメイクもあるし他にも出場できるイベントがたくさんあるので1台持っていてもいいかなと思った次第です。
ところで、この型はトヨタ製のエンジンを搭載したバージョンですか?馬力とトルクが途中で一度落ち込む特性なんだけど、VVTの関係でしょうか。走りには関係なさそうなので、特に気にする必要は無いと思いますけど。車重が軽いからか、ホイルベースが短いからか、クルクルとよく旋回する車です。しかも、NSXみたいなピーキーさが無いので少しだけペダル操作に気を遣ってあげれば、とっても楽しく走れる車ですよ。


エリーゼ 111R '04 エリーゼ 111R '04



チューニング内容とスペックは以下の通りです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット
パワー系 エンジンチューン3、吸気系チューン
ボディ系 軽量化3、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 492 / V1.03
出力 234ps / 8300rpm
トルク 22.2kgfm / 7300rpm
重量 755kg


エリーゼ 111R '04

乗る前に心配していたほどにはピーキーじゃないんですよね。オーバーステアには違いないんですが、リアの滑り出しが予測できるというか。訳も分からずいきなりズリッとくることは無いので、回頭性を犠牲にしてまでオーバーステア対策を打つ必要性は無さそうです。
と言うわけで、操作フィーリングは元の状態を維持しつつそこそこのグリップを確保するように頑張ってみたのですがいかがでしょうか。コーナリング中に変なペダル操作をすれば当然スピンしますけどね。カウンターを当てる準備をしてから、わざとブレーキを踏んだり、アクセルをドンッと踏んでしてリアを流して無理やり向きを変えるなんて事もできるようになってますけど、こういう乗り方って好き嫌いが分かれるところなんですよね。滑らせるのが嫌いな人はリアのバネを弱めると良いかもよ。


タイヤ
スポーツハード
車高調整 F85
R85
スプリングレートF6.50
R8.50
ダンパー(伸び側)F6
R4
ダンパー(縮み側)F4
R4
スタビライザーF3
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.20
LSD:イニシャルF-
R10
LSD:加速側F-
R40
LSD:減速側F-
R25
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F -
R -
トランスミッション MAX 260
ダウンフォース F -
R -


エリーゼ 111R '04 エリーゼ 111R '04



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ