2017年5月12日 (金)

PP520/RH ベストラップ・ランキング(5) / ロードスター TC


ロードスター ツーリングカー

ロードスター ツーリングカー、乗るのはGT5のファイナル配信イベント以来かな、懐かしいな。GT5には相当お世話になりましたからね。いや、GT6だってかなり走り込んでいますけどね。仕事のストレスを発散するには必須のアイテムですから。しかし、ロールケージを組み込んでいるとは言え、オープンの状態でレースに参戦するってどうなんでしょう。ワンメイクやエキシビション的なレースでは見たことがありますけど、危ないよね。バイク乗りの私としては、風を感じながら走るのは相当に気分良いってことは共感するけど。


No. メーカー 車名 駆動 PP 関連ページ
1 オートバックス ガライヤ GT300 ベースモデル '08 MR 514 未公開
2 スバル BRZ GT300 ベースモデル '12 FR 518 セッティング
3 RE雨宮 RX7 GT300 ベースモデル '06 FR 512 セッティング
4 トヨタ ウェッズスポーツCELICA '03 FR 517 セッティング
5 日産 シルビア spec-R エアロ (S15) ツーリングカー '02 FR 514 セッティング
6 ホンダ S2000 LM レースカー FR 515 セッティング
7 マツダ ロードスター ツーリングカー FR 513 下記参照


各コースでのベストタイムの順位は以下の通り。

コース 車両No.
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ローマ 5 6 2 3 4 1 7
ニュルブルクリンク北 7 5 6 4 2 1 3
ブランズハッチGP 5 4 2 3 7 1 6
ビッグウィロー 6 7 1 2 5 3 4
モンツァ 7 5 3 4 2 1 6
もてぎ 7 5 4 2 3 1 6
富士スピードウェイF 7 5 2 3 4 1 6
鈴鹿2014 7 5 2 3 4 1 6
スパ・フランコルシャン 7 6 3 2 5 1 4
ミッドフィールド 7 6 4 2 3 1 5
アプリコットヒル 7 3 4 2 6 1 5
ローテンボーデン 7 6 5 1 4 2 3
トライアルマウンテン 6 7 5 1 4 3 2
ディープフォレスト 7 6 3 1 5 2 4
グランバレー 7 4 3 2 5 1 6
ハイスピードリンク 6 5 2 3 4 1 7
ケープリンク 7 5 6 2 4 1 3
東京ルート246 7 5 4 3 2 1 6
コート・ダジュール 7 5 3 2 4 1 6
スペシャルステージ・ルート5 7 5 3 1 4 2 6
NGC003-004 6 4 7 3 2 1 5


ロードスター ツーリングカー

明らかにパワー不足なので期待はしていませんでしたが、意外とやってくれました。コースによっては軽さが武器になるって、改めて実感しましたよ。小さいコーナーを速く曲がることができるし、ブレーキングもかなり奥まで行ける。上のランキングで見て取れるように、切り返しの多い峠道ではその威力を発揮しています。パワーが低く、しかも5MTってこともあって一度車速を落としてしまうと再加速に時間がかかります。なので、できるだけ車速を維持したままコーナリングすることがキモですね。つまり、どうすれば車速を殺さずに曲がりきれるかを考えながら走らなきゃいけないって事です。エンジンチューンを外し、パワリミを当てたPP500の状態で配信イベントのレーシングカーチャレンジで1位を取れましたので、かなり扱いやすい車です。決して速くはないけど、機会があれば使っていきたいですね。


■ 総合ランキング ■

順位 メーカー 車名
1 ホンダ S2000 LM レースカー
2 トヨタ ウェッズスポーツCELICA '03
3 RE雨宮 RX7 GT300 ベースモデル '06
4 日産 シルビア spec-R エアロ (S15) ツーリングカー '02
5 マツダ ロードスター ツーリングカー
6 スバル BRZ GT300 ベースモデル '12
7 オートバックス ガライヤ GT300 ベースモデル '08


ロードスター ツーリングカー ロードスター ツーリングカー


■ ロードスター ツーリングカー / チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン3、高回転ターボ
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール 同インチで交換
PP / Ver. 513 / V1.22
出力 294ps / 8300rpm
トルク 26.8kgfm / 7300rpm
重量 795kg


■ ロードスター ツーリングカー / セッティング内容 ■

タイヤ レーシングハード -
車高調整 (F/R) 85 / 85-
スプリングレート (F/R) 9.00 / 9.50-
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 5-
ダンパー伸び側 (F/R) 6 / 5-
スタビライザー (F/R) 3 / 3-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20-
LSD:イニシャル (F/R) - / 10-
LSD:加速側 (F/R) - / 30-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速5MT / 280
ダウンフォース (F/R) 200 / 350


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。


2017年3月12日 (日)

【PP450クラス】 マツダ ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97


ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97

以前ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91のセッティングを紹介しましたが、その記事に書いたとおりかなりパワー不足を感じました。なので、今回はロードスターを復活させるにあたりパワーアップ重視のチューニングにしてみました。何故ロードスターかというと、国内Aクラスのワンメイクレースもあるし、世界的にも受け入れられている日本産のスポーツカーですからね、外せませんよ。しかし全く同じ車というのもつまらないので、今回はこの車をチョイスしました。GTオートでカッコいい専用リアウィングも売っていたので、フロントのエアロと合わせて装着しました。


ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97 ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト、フルカスタマイズLSD
パワー系 エンジンチューン3、スポーツコンピュータ、スポーツマフラー、エキゾーストマニフォールド
スポーツ触媒、吸気系チューン
ボディ系 カーボンボンネット
外装パーツ エアロパーツA、専用リアウィングB
ホイール 2インチアップ
PP / Ver. 450 / V1.22
出力 261ps / 7300rpm
トルク 28.1kgfm / 5300rpm
重量 995kg


ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97

今回リアウィングを装着していますが、必須ではありません。コンフォートソフトでは少しリアが不安定なので、それなりにウィングの効果を感じることができますが、無くても特に問題は無いように感じます。お好みで付け外しして下さい。いずれにしても、ガッチリとグリップして走ると言うよりは、右へ左へと車体を横滑りさせながら走る感じになりますので。けど、車速が低いせいか恐怖感は全くありません。むしろ、意図的に横滑りさせてズバッと向きを変えることができたときの快感は何とも言えない物があります。AE86のレビンやトレノに通じる楽しさがありますね。ギアが5速って所が少しマイナス点ではありますが、どちらかというとこの車の方がAE86兄弟より楽しいかも知れません。ベストラップ・ランキングでも序盤の数コースを走った所ではAE86の良いライバルとなりそうですし。これでギアが6速なら文句の付けようもありませんね。ロードスター(NA)全てを調べた訳では無いので分かりませんが、ひょっとしたら6速ミッションを装着できる車があるのかな?とにかく走って楽しい車の代表格だと思います。是非コンフォートソフトで乗ってみて欲しいです。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 105 / 10585 / 85
スプリングレート (F/R) 4.00 / 4.006.00 / 6.50
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 33 / 4
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 25- / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 15
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速5MT / 280
ダウンフォース (F/R) 0 / 15


ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97 ユーノスロードスター SRリミテッド(NA) '97



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。


2016年11月20日 (日)

【PP450クラス】 マツダ サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85


サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85

RX-8があまりにも乗りやすかったので、そのご先祖様に当たるサバンナRX-7に乗ってみました。この車、吊しの状態ででニュルを走っても、全く不安を感じずに走ることができますね、パワーが控えめってのもあるけど。あまりにも乗りやすいので、コーナーの侵入がついついオーバースピードになってしまうのが難点と言えば難点でしょうか。気持ち、リア不安定になる場合があるのでリアウィングを付けたいところなんですが、カッコいいのが売ってないので今回はウィング無しでいきます。


サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85 サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 高回転ターボ
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 2インチアップ
PP / Ver. 447 / V1.22
出力 258ps / 6500rpm
トルク 30.6kgfm / 4500rpm
重量 1047kg


サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85

コンフォートソフトではリアが不安定(パワースライド)になりがちなのですが、キャンバーを付けてみたら少し安定しました。そのかわりに、加速性能が少し犠牲になっているようです。スポーツハード以上ではキャンバー無しにした方が圧倒的に速い。ただし、ラフなアクセル操作ではリアが暴れることがありますけど。アクセル操作に不安がある人はキャンバーの設定をCSと同じにしておいて下さい。結果として、上位クラスのツアー・オブ・ジャパンも楽勝の車に仕上がったのですが、前回紹介したRX-8のラップタイムには全く及びませんでした。エンジンパワーや車重など、スペック的にはこっちの方が優れているんですけどね。これが世代の差というものなのでしょうか。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 125 / 12590 / 90
スプリングレート (F/R) 5.00 / 5.006.20 / 7.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 33 / 3
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 35 / 3
スタビライザー (F/R) 3 / 44 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 1.00.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速290
ダウンフォース (F/R) --


サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85 サバンナ RX-7 GTリミテッド (FC) '85



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2016年10月28日 (金)

【PP450クラス】 マツダ RX-8 タイプE '03


RX-8 タイプE '03

RX-8はPP500クラスで紹介しましたが、ちまちまセッティングをいじりながらも配信イベントなどでいまだに使い続けている使いやくて良い車ですます。なので、再セッティングを兼ねて少しクラスを下げたもう一台を仕立ててみました。この車はバランスが良くて、とっても乗りやすい。吊し(無改造)の状態ではギアが4速しか無いので少し乗りにくいのですが、ハンドリング特性はとっても良いです。そのハンドリング特性のためか、チューニングパーツを組み込んだだけで(セッティングは全て初期値のまま)レビンのタイムをあっさりと超えてしまったのでした。


RX-8 タイプE '03 RX-8 タイプE '03



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、スポーツ触媒
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 1インチアップ
PP / Ver. 449 / V1.22
出力 253ps / 7300rpm
トルク 26.1kgfm / 5300rpm
重量 1088kg


RX-8 タイプE '03

重量バランス50:50というのが効いているんでしょうか、セッティングで自由に味付けを変えることができます。なので、ちょっとお遊びの要素も盛り込んでみました。コンフォートソフトでは、足回りを少し硬めにして、コーナーで横滑りするようにしています。ビタビタにグリップするよりコーナリングスピードが速いような気がして。クリッピングに付ける為には、速めにステアリングを操作して下さい。切り返しの多いコースでは、前回のBRZ(PP500)と互角のタイムが出ますよ。逆に、スポーツソフトでは少し軟らかめ。その心は、オーバースピード気味に突っ込んでもブレーキを残しながらコーナリングできるようにしています。オーバーステアに感じる場合は、バネを少し強めるといいですよ。ちなみに、うちのガレージのPP450クラスでは最速の部類に入る車になりました。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 100 / 10080 / 80
スプリングレート (F/R) 5.00 / 5.008.00 / 8.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 44 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.200.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速260
ダウンフォース (F/R) --


RX-8 タイプE '03 RX-8 タイプE '03



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。
★ 内容によってはTwitterで紹介や解答させて頂きます。



2016年9月25日 (日)

【PP500クラス】 マツダ RX-7 タイプRS (FD) '00


RX-7 タイプRS (FD) '00

RX-7(FD)はこれまでに2台ほど紹介しましたが、システムアップデートの影響でセッティングが合わない状態になっています。セッティングし直して、一応使える車としてガレージに置いてあるのですが、それを紹介してもつまらないので今回は改めて新車を購入してセッティングしてみました。もともと回頭性が良くて乗りやすい車なのですが、さらにリアウィングを装着して攻めることができる車を狙ったつもりです。


RX-7 タイプRS (FD) '00 RX-7 タイプRS (FD) '00



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 低回転ターボ
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ カスタムリアウィング
ホイール 1インチアップ
PP / Ver. 498 / V1.22
出力 339ps / 6500rpm
トルク 42.4kgfm / 3500rpm
重量 1047kg


RX-7 タイプRS (FD) '00

RX-7(FD)は回頭性が良くて安定性も高いので使いやすい車ではあるのですが、限界を超えた瞬間にリアが収拾不能になってしまう感じがあります。なので、リアウィングを装着することでリアの挫け具合を少しでも押さえられるようなセッティングを狙ってみました。例えばビッグウィローの最終コーナーあたりでも、かなり攻めることができると思いますよ。安定性重視のセッティングにしてありますが、前後のバネのバランスで性格を変えることができます。リアを流したい人は相対的に後ろを強め、安定性重視の人はその逆と。コンフォートソフトでは少しキャンバーを付けるとさらに安定しますので、試してみて下さい。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 120 / 12095 / 95
スプリングレート (F/R) 5.80 / 6.007.50 / 8.50
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 4
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 4
スタビライザー (F/R) 3 / 34 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20
LSD:イニシャル (F/R) - / 5
LSD:加速側 (F/R) - / 20
LSD:減速側 (F/R) - / 10
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) 0 / 20


RX-7 タイプRS (FD) '00 RX-7 タイプRS (FD) '00



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。
★ 内容によってはTwitterで紹介や解答させて頂きます。



2016年9月11日 (日)

【PP500クラス】 マツダスピード アテンザ '05


マツダスピード アテンザ '05

マツダの4WDってあまり意識したことがありませんが、最近はi-ACTIVE AWDなんていうシステムもあるそうで。FFをベースに、必要に応じて後輪を駆動するというものらしい。これってニュービートルと同じ?このアテンザもそうだとしたら結構乗りにくいのかも、と思いつつも4WD乗り比べの一台として選びました。アテンザは、BMWやメルセデスの下位グレードを買うよりこの車の方が性能いいじゃん、って海外でも好評だそうですね。日本ではパトカーに使われたりもしているので、きっと走りも良いのでしょうね。吊しの状態では、ニュービートルよりハンドリングが良いと思います。アクセルONで極端なアンダーステアも出ないし。ただし、エンジンパワーほどの速さを感じないんですよね。車体が重いのでしょうか。乗りやすいことには違いないので、とりあえずPP500狙いでセッティングしてみましょう。


マツダスピード アテンザ '05 マツダスピード アテンザ '05



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト、駆動力配分デフ
パワー系 エンジンチューン3、スポーツ触媒、吸気系チューン
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 同インチで交換
PP / Ver. 499 / V1.22
出力 370ps / 6000rpm
トルク 48.1kgfm / 3500rpm
重量 1230kg


マツダスピード アテンザ '05

吊しの状態では、4WDなのにフロントタイヤだけで走っている感じがします。やはりFFベースの4WDってこんなものなんでしょうか、ニュル北を一周してもリアタイヤのインジケーターは青いままでした。しかし、ステアリング特性などは同じFFベースとは言え、ビートルより数段良いので、駆動力配分なども変えて、リアタイヤに仕事をさせてみることにしました。結果としては、乗りやすさはR32レベル。だけど、何故かタイムが出ないんですね。ニュービートルRSiよりは早いけど、R32やエボⅡには負けてる。はっきりと原因は分かりませんが、もう少しトルクを増やすようなチューニングをした方が良いのかも知れません。とてもバランスが良い車だと思うんだけど。。。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 125 / 125100 / 100
スプリングレート (F/R) 6.00 / 5.008.00 / 8.50
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 45 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.10
LSD:イニシャル (F/R) 5 / 10
LSD:加速側 (F/R) 5 / 25
LSD:減速側 (F/R) 5 / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) 30 / 70
トランスミッション 最高速290
ダウンフォース (F/R) --


マツダスピード アテンザ '05 マツダスピード アテンザ '05



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。
★ 内容によってはTwitterで紹介や解答させて頂きます。



2016年7月10日 (日)

【PP600クラス】 マツダ RX-7 ツーリングカー


RX-7 ツーリングカー

まだありました、RX-7ベースの車。先日のGT300ベースモデルはRE雨宮のチューンによるレーシングカーですが、コイツはグランツーリスモが独自にチューンしたらしいですよ。キャンバーの設定も満足にできないグランツーリスモにチューンができるのか?なんて言う疑問はさておき、リトラクタブルライトのまんまチューニングカーに仕立てたところは私の中では高評価です。リアルでは、こういった可動部品は余計な物として削除されてしまう訳ですが、RX-7はやっぱりこのライトでしょ。スポーツカーはフロントが低くなくっちゃね。でも、そうするとライトも低くなっちゃうよ?じゃ、リトラクタブルにして高さを確保しようよ。って感じのノリ?ホントのところは知る余地もありませんが、ライトを開閉するための複雑な機構をフロントに組み込むデメリットを理解しながらもスポーツカーのあるべき姿を追求する姿勢って好きだな。それが今のSKYACTIVEにもつながってるような気がする。いや、あくまでも私の想像ですよ、これって。私、マツダとは一切関係ありませんので。


RX-7 ツーリングカー RX-7 ツーリングカー



■ チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 カーボンプロペラシャフト
パワー系 高回転ターボ
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 599 / V1.22
出力 591ps / 7800rpm
トルク 56.0kgfm / 7300rpm
重量 975kg


RX-7 ツーリングカー

吊しの状態では、前回のシルビアに比べたら曲がりやすいのですがRX-7シリーズで考えるとちょっとフロントの応答性が悪いような気がします。アンダーステアという訳ではないのですが、ステアリング操作に対して遅れがあるというかなましが入るというか。GT300ベースモデルと比べると明らかにダルい感じです。セッティングの初期設定が悪いのかも知れないと思い、フロントの反応速度向上をメインにいじってみた結果がこれです。かなりクイックに反応してくれるようになったと思いますが、逆にコースによってはピーキーに感じるかも知れません。そんな時はダウンフォースを少し増やしてあげると落ち着いた感じになります。車重の関係か、ニュル北を走っていたら他の車では何の問題も無い所でジャンプしてビックリしました。スピードの出し過ぎには注意が必要なようです。


■ セッティング内容 ■

タイヤレーシングハード-
車高調整 (F/R) 60 / 60-
スプリングレート (F/R) 11.70 / 12.50-
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 5-
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 5-
スタビライザー (F/R) 3 / 4-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20-
LSD:イニシャル (F/R) - / 10-
LSD:加速側 (F/R) - / 30-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速320-
ダウンフォース (F/R) 200 / 400-


RX-7 ツーリングカー RX-7 ツーリングカー



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2016年1月16日 (土)

【PP450クラス】 マツダ ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91


ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91

今回はロードスターのカー・オブ・ザ・イヤー受賞記念と言うことで、この車です。ロードスターは既に何台か紹介していますが、改めてNAをPP450クラスで仕立ててみました。同じロードスターでもNB、NCと世代が進むごとに速くなっているのはご存知の通りですが、ではNAってホントにNBやNCに勝てないの?みたいな話で友人と盛り上がりまして。ロードスターは登場した時から人車一体を売りにした、走りに徹した車というイメージですよね。しかも、初代の登場から25年以上経つってのに、いまだに進化が続いていて、日本だけではなく世界中に愛好者がいるっているスゴい車です。このNAもまだ街で見かけるしね。今、日本で一番頑張っているのはマツダだと思うな。トヨタもG'sなんて言うスポーツテイストの車を売り出したけど、日産やホンダはどうしたの?って感じ。エコとか安全も大事だけど、走ることが楽しくないと、ただの移動するための道具でしかないからね。


ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91 ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン3、スポーツコンピュータ、スポーツマフラー、エキゾーストマニフォールド
スポーツ触媒、吸気系チューン
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 2インチアップ
PP / Ver. 449 / V1.22
出力 219ps / 7300rpm
トルク 22.8kgfm / 6300rpm
重量 830kg


ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91

バランスが良くて乗りやすい車ですが、ちょっとパワー不足に感じます。元々が軽い車なので、軽量化せずにPPは全てパワーアップに向けた方が良いかも知れませんね。CSタイヤでもかなり安定した乗り心地で、コースを選ばずどこでも使える車です。が、上り坂ではストレスを感じます。車に合わせて乗り方を変えなくてはいけない場合が結構あったりしますが、ロードスターは乗り手に合わせたセッティングができ、自分のスタイルで走ることができる貴重な車ですね。モデルチェンジ後のNBやNCに比べると不満が無いわけではないですが、'90年代の車にしてはかなりレベルが高いと思います。セッティング違いで複数台か持っていたい車です。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 105 / 10585 / 85
スプリングレート (F/R) 4.00 / 4.005.60 / 5.80
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 44 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 46 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 34 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) -
トランスミッション 最高速280
ダウンフォース (F/R) --


ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91 ユーノスロードスター Jリミテッド (NA) '91



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2015年9月19日 (土)

【PP450クラス】 マツダ デミオ スポルト '10


デミオ スポルト '10

新型デミオ、なかなかカッコいいですね。試乗した友人によると走りもかなり良いらしいです。特にディーゼルエンジン搭載車がスゴいって。街乗りだったらエンジン回転も1000rpmちょっとでどんどん加速するし、2000rpmまで回せば十分過ぎるほど楽しいそうだ。最近はエコカーブームでガソリン・ハイブリッド車が主流になってきてますが、ディーゼルも立派なエコカーだしな。しかも、6速MTも用意されているらしい。私も是非試乗してみたいと思います。ところで、新しいデミオのデザインですが、フロントグリルの赤い一本戦が目を惹きますね。どうせだったらロードスターにも付けて欲しかった、赤い一本戦。だって、なんだかS2000にそっくりな気がするのでマツダの新しい顔として統一してくれたら良かったのにと思います。そんなこんなで、今回の車はデミオ スポルト。プジョーの車によく似ていますが、実はニュル北のラップタイムもほぼ同じなんです。実は、同じ車だったなんてオチはないですよね?


デミオ スポルト '10 デミオ スポルト '10



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット
パワー系 エンジンチューン2、エキゾーストマニフォールド、スポーツ触媒、吸気系チューン、
中回転ターボ
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 450 / V1.20
出力 204ps / 6400rpm
トルク 28.4kgfm / 4400rpm
重量 852kg


デミオ スポルト '10

標準装備はCVTですが、5速のフルカスタマイズTMが装着可能なのでMT派の方も使える車ですよ。FFにしてはアンダーステアもそれほど強くないし、変なタックインも無いし、乗りやすいと思います。しかし所詮はFF、パワーアップし過ぎるとフロントのトラクションが抜けやすくなるので注意が必要です。今回PP450狙いで204psまでパワーアップしましたが、これでもCSタイヤではちょっと辛い。アクセルを踏みすぎるとスコンって感じでトラクションが抜けます。SSタイヤなら何とか前へ進んでくれるし、切り返しの応答性もあるので楽しく走れるんですが。速さで言うと手持ちのPP450クラスでは下の方です。どこが遅いってはっきり言えないんですが、ゴールしてみるとタイムが出ていない。そんな感じの車です。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 115 / 115100 / 100
スプリングレート (F/R) 2.50 / 3.003.50 / 5.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 44 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.00
LSD:イニシャル (F/R) 5 / -
LSD:加速側 (F/R) 10 / -
LSD:減速側 (F/R) 5 / -
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速260
ダウンフォース (F/R) --


デミオ スポルト '10 デミオ スポルト '10



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


2015年5月29日 (金)

【PP630クラス】 マツダ RX-7 LM レースカー


RX-7 LM レースカー

シーズナルイベントのニュル・タイムアタック用に仕立てた車です。機を逸してしまいましたが、私の備忘録も兼ねて紹介しておきます。タイムを記録するだけならLMPTなんかが速そうなんですが、プロトタイプカーでニュルを走るのは邪道な気がするので箱車ベースのチューニングカーにしてみた訳です。ニュルって市販車、もしくは市販車ベースのレーシングカーの聖地ですからね。で、この車ですが「グランツーリスモが独自に」チューニングしたってところがちょっと引っかかったんですけど、RX-7ファミリーはどの車も乗りやすいので選んでみました。先日、ニュル24時間耐久レースのライブ中継をJ-SPORTSでやってましたが、ライブを横目で見ながらGT6でニュルを走るという(しかもビールを飲みながら!)とっても楽しい体験をしてしまいました。いゃー、自動車って本当に楽しいですね。


RX-7 LM レースカー RX-7 LM レースカー



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD
パワー系 高回転ターボ
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 624 / V1.18
出力 731ps / 7500rpm
トルク 75.7kgfm / 6500rpm
重量 1080kg


RX-7 LM レースカー

ハイパワーのFRにありがちなリアが暴れることも無く、とても扱いやすい車だと思います。セッティングの効果も素直に挙動として現れて、アンダーステア傾向にもオーバーステア傾向にも思ったように味付けできます。「グランツーリスモ独自」ってのが効いているんでしょうかね。今回はニュルのタイムアタック用なので、足は柔らか目、ハンドリングはエアロをいじってニュートラルな特性を狙っています。サクッとゴールドを獲得できたので終わりにしちゃったんですが、実はまだ詰める余地はありそうなんですよね。例えば、車高をもうちょっと上げた方がコーナーの切り返しがビシッと決まる、とかね。なので、またチャンスがあったら再セッティングしてみようかと思っております。ニュル以外のコースでは足がふにゃふにゃに感じて乗りにくいかも知れませんのでご注意ください。ちなみにニュル北に限って言うと、今のところ我がガレージ全車(変な形のVGTとかレッドブルの車およびフォーミュラカーは除く)の中で最速ラップの車です。


■ セッティング内容 ■

タイヤレーシングハード-
車高調整 (F/R) 45 / 45-
スプリングレート (F/R) 14.50 / 16.00-
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 4-
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 4-
スタビライザー (F/R) 4 / 5-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20-
LSD:イニシャル (F/R) - / 15-
LSD:加速側 (F/R) - / 40-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) - / --
トランスミッション 最高速340-
ダウンフォース (F/R) 350 / 500-


RX-7 LM レースカー RX-7 LM レースカー



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ