2017年5月29日 (月)

【PP520クラス】 ルノースポール メガーヌトロフィー ベースモデル '11


メガーヌトロフィー ベースモデル '11

メガーヌトロフィーってのはルノーが開催しているワンメイクレースのことで、この車はそれに参戦するための専用車両ってことらしいのですが、詳しいことは存じませんのであしからず。見た目は市販車っぽく仕上がっていますが、中身はレース専用に諸々の改造が施されているらしい。確かにリアのディフューザーとかエキゾーストの出し方とか、カッコいいよね。ワンメイクレース専用の車両ってことは、日本のインタープロトみたいな物なんでしょうかね。そのレース、一度見てみたいと思いますが、どこかで放映しているのかな。


メガーヌトロフィー ベースモデル '11 メガーヌトロフィー ベースモデル '11



■ チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 -
パワー系 低回転ターボ 誤記でした、変更無しです。
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 518 / V1.22
出力 383ps / 7500rpm
トルク 41.7kgfm / 5000rpm
重量 955kg


メガーヌトロフィー ベースモデル '11

スペックと走りから想像すると、この車はフラットフロアが付いていないんじゃないかな。走っていると、他の車に比べてダウンフォースがかなり低く感じます。けど、乗りにくい訳ではないし、同じクラスのIS350 GT300と比較すると相当に速いんですね。余計なドラッグが無いって事でしょうか。ダウンフォースが低いとっても、乗り難さは全く感じません。MR特有の変なオーバーステアもなく良く曲がってくれるし。コイツに乗っているとメカニカル・グリップがいかに重要か分かるような気がします。いたずらにダウンフォースを付けるのではなく、メカニカル・グリップの不足分を補うようにするのが正しい使い方なんだろうね。速いだけではなく、楽しい車なので一度乗ってみて欲しいです。


■ セッティング内容 ■

タイヤレーシングハード-
車高調整 (F/R) 70 / 70-
スプリングレート (F/R) 9.00 / 11.00-
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 4-
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 4-
スタビライザー (F/R) 3 / 3-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20-
LSD:イニシャル (F/R) - / 10-
LSD:加速側 (F/R) - / 30-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速6MT / 290-
ダウンフォース (F/R) 50 / 150-


メガーヌトロフィー ベースモデル '11 メガーヌトロフィー ベースモデル '11



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。


2016年6月24日 (金)

【PP550クラス】 ルノー スポール メガーヌ トロフィー ベースモデル '11


メガーヌ トロフィー ベースモデル '11

メガーヌ トロフィーって言うから、ニュル北で最速のFF車だと思って買ってみたらMRだったのでビックリ。FFは「R.S.」が付くヤツで、こいつはワンメイクレース用の特別車両みたい。FFで365psはスゴすぎるなー、フロントタイヤはあっという間にボロボロになるんだろうなー、なんて思いながら購入したのですが勘違いも甚だしいですね。というわけで、何の知識も情報も無いまま乗り出すのでした。なんか、見た目はスゴくカッコいいと思うんですよ。フロントのグリルとエアロが一体になったようなデザインとか、リアのデフューザー回りとか。このまんまSuperGTのGT300クラスに出ても見た目だけなら十分に他を圧倒できそうですよね。一度、リアルで走っている姿を見てみたいな。


メガーヌ トロフィー ベースモデル '11 メガーヌ トロフィー ベースモデル '11



■ チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 -
パワー系 エンジンチューン2、吸気系チューン
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 548 / V1.22
出力 471ps / 7700rpm
トルク 50.0kgfm / 5200rpm
重量 955kg


メガーヌ トロフィー ベースモデル '11

吊しの状態ではオーバーステア傾向なんですが、リアが暴れるようなことは無いので少しパワーアップしてPP550クラスを狙ってみます。ただ、縁石を踏んだりダートにタイヤを落としたりすると極端に挙動を乱すんですよね。それと、ニュル北を走ると常にスキール音がしている。なんだか、足回りが壊れているんじゃ無いかと思うくらい違和感を感じました。セッティングで改善できればいいんですが、と思いながらあちこちいじった結果、そこそこ攻められる車に仕上がったと思います。ハンドリング特性としてはZ4 GT3に似ているかな。パワーが低くて車重も軽い分、Z4よりは安定感が高く感じますが。しかし、相変わらず縁石はNGです。コーナーで縁石を踏もうものなら修正する間もなくとっちらかっちゃいます。あくまでもコース内をキープでお願いしますね。


■ セッティング内容 ■

タイヤレーシングハード-
車高調整 (F/R) 60 / 60-
スプリングレート (F/R) 10.50 / 10.50-
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 5-
ダンパー伸び側 (F/R) 6 / 5-
スタビライザー (F/R) 3 / 4-
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0-
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20-
LSD:イニシャル (F/R) - / 10-
LSD:加速側 (F/R) - / 25-
LSD:減速側 (F/R) - / 20-
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5-
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速290-
ダウンフォース (F/R) 50 / 110-


メガーヌ トロフィー ベースモデル '11 メガーヌ トロフィー ベースモデル '11



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2014年12月27日 (土)

【PP450クラス】 ルノースポール クリオ V6 24V '00


クリオ V6 24V '00

2014年の最後を飾るのはルノースポールからクリオV6です。日本ではルーテシアという名前で販売していたらしいですが、一度も見たことがない。ルノーというとフランスの小型大衆車メーカーというイメージですが、その中にルノースポールというモータースポーツ部門があって、この車はその部門により開発されたものらしい。日本で言えばニスモみたいなものなのかな?それはともかく、こいつは元々はFF車だったものをMRとして開発し直したって言う、かなり無理矢理な設定ですよ。リアシートを取っ払ってエンジンを乗っけたそうですが、そんな簡単にいくものなのか?取って付けたようにリアタイヤの前にインテークみたいな穴が開いているし。フロントフェンダーの張り出し方なんかも、強引な感じがしていい。無茶な設定が結果としてすごくカッコ良くまとまっていると思います。実は、こういったデザインも好きなんですよ、強そうで。


クリオ V6 24V '00 クリオ V6 24V '00



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルは同サイズで変えています。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、ツインプレートキット
パワー系 エンジンチューン1
ボディ系 剛性アップ、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 445 / V1.15
出力 285ps / 7100rpm
トルク 34.0kgfm / 4600rpm
重量 1320kg


クリオ V6 24V '00

魔法のオイルを入れると無改造でもPP434あるので、PP450クラスにするためにはほとんど改造できませんでした。なので、MRとは言え決して速い車ではありません。しかし、旋回性能は高いのでコースによってはかなり使い勝手のいい車になったと思います。走っている感じはMRというより旋回性の良いFRといった感じで、ペダル操作もそれほど気を遣わずに済みます。エンジン特性も素直な感じなので、コーナー脱出時にMR特有のリアの不安定さが出てしまった場合はシフトアップして回転数を落とせば、それだけで脱出速度を犠牲にせずに安定させることができます。唯一の弱点と言えば、縁石を踏んだ時の挙動の乱れかな。エンジン回転数が高い時に縁石を踏むとズリッと来る。それさえ注意していれば、楽しく走れる一台です。


タイヤ
コンフォートソフト スポーツソフト
車高調整 F10090
R10090
スプリングレートF4.506.80
R4.807.80
ダンパー(伸び側)F6
R5
ダンパー(縮み側)F4
R5
スタビライザーF34
R45
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.100.05
LSD:イニシャルF--
R20
LSD:加速側F--
R45
LSD:減速側F--
R25
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX270
ダウンフォース F 0
R 30


クリオ V6 24V '00 クリオ V6 24V '00



と言うわけで、今回はここまで。
2015年が皆様にとって良い年となりますように。では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


2014年3月18日 (火)

【配信TT/PP420】 ルノースポール クリオ R.S. '11


クリオ R.S. '11

このシーズナルイベントが無ければ、おそらく乗らずに終わったであろう車です。そういった意味では、シーズナルイベントに感謝ですね。時々、絶対に乗らないような変な車(プリマス XNRとか)のイベントがありますけどね。
で、このクリオR.S.ですけど、現物を見たことはありません。というか、この車に限らずルノーの車ってほとんど見かけないんですよね。日産経由でもっと日本に入ってくるのかと思ってたんですけど。大人の都合か何かがあるんでしょうかね。グランツーリスモで乗る限りはいい車がそろってますね、ルノーは。想像ですけど、ヨーロッパの車なので足回りなんかもしっかり作り込んでいるんじゃないかな。クリオもメガーヌ トロフィーもカッコし、なんかおしゃれな感じがしていいよね。ところでこの車、遠目から見るフロントの感じがホンダの軽に似ている気がするのは私だけ?


クリオ R.S. '11 クリオ R.S. '11



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルは見た目から1インチアップ。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット
パワー系 吸気系チューン
ボディ系 ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 420 / V1.05
出力 227ps / 7000rpm
トルク 24.6kgfm / 5500rpm
重量 1230kg


クリオ R.S. '11

乗ってビックリなんですが、シビックなんかより相当操作性が良いような気がします。FFなのにオーバーステアを感じる時もあるくらいです。アクセルOnではFF特有のアンダーステアなんですが、それほど強くは無い。ステアリングを多めに切れば曲りきれる感じです。アクセルOffでは、急にフロントが食い付いて曲りすぎる時がある。フロントが弱すぎるんでしょうかね。今回は起伏の有るブランズハッチのタイムトライアルなので、少し柔らかめにしているのですが、フラットなコースだったらフロントのバネをもう少し強めた方が良さそうです。
いずれにしても加速しながらコーナリングできる、戦うFFじゃないでしょうかね。


タイヤ
コンフォートソフト
車高調整 F70
R90
スプリングレートF4.30
R6.00
ダンパー(伸び側)F6
R5
ダンパー(縮み側)F4
R5
スタビライザーF3
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.05
R0.05
LSD:イニシャルF10
R-
LSD:加速側F20
R-
LSD:減速側F10
R-
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F -
R -
トランスミッション MAX 240
ダウンフォース F -
R -


クリオ R.S. '11 クリオ R.S. '11



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ