2016年6月 3日 (金)

【PP630クラス】 メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 '11


SLS AMG GT3 '11

今年のニュル24hも色々アクシデントがあったけど、おもしろかったですね。結果はメルセデスAMGの独壇場でしたが。SuperGTでもその速さは見せつけてくれましたが、速いだけじゃ無くて信頼性も高そうです。そんな訳で、期を同じくして配信中のニュル24hスーパーラップ用に仕立ててみました。と言っても、こちらは一世代前のSLSですけどね。GT6は新車が一切追加されませんね。VGTも尻切れトンボになっているし。GT-SPORTが発表された今となっては、GT6も終わったが感満載ですね。ところでニュル24hの中継を見ていたら解説の田中哲也さんが「ニュルは乗っている車の違いや速い遅いに関係なく、全てのドライバーがお互いをリスペクトしなければならない」みたいなことを仰ってました。そうですよね、それってグランツーリスモのオンライン部屋も一緒だと思います。


SLS AMG GT3 '11 SLS AMG GT3 '11



■ チューニング内容&スペック ■

足回り -
駆動系 -
パワー系 エンジンチューン3
ボディ系 -
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 635 / V1.22
出力 677ps / 7300rpm
トルク 74.5kgfm / 5300rpm
重量 1350kg


SLS AMG GT3 '11

フラットなサーキットなら基本設定で良いのですが、ニュルではバンプやちょっと縁石を踏んだだけでとっちらかってしまうので、すこしセッティングを変えています。何もしないとPP618で、配信イベントをクリアするには少し力不足を感じましたので、エンジンチューンでPP635まで上げて、パワリミを使って参戦しました。縁石を踏まないように注意しながら走った結果、20秒台の後半でクリアできました。ちょっとダンパーを弱めて、もう少し攻めた走りをすればさらにタイムが縮まる予感がします。単純にクリアするだけならプロトタイプカーを使えば楽勝なんでしょうが、ニュルはやっぱり箱車で走りたいよね。GT3マシンとは言えベースは箱車。峠はやっぱり箱車でしょ?


■ セッティング内容 ■

タイヤRH:基本設定RH:ニュル仕様
車高調整 (F/R) 60 / 60
スプリングレート (F/R) 18.00 / 18.5017.50 / 17.50
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 6/ 5
スタビライザー (F/R) 4 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.20
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速310330
ダウンフォース (F/R) 350 / 650400 / 550


SLS AMG GT3 '11 SLS AMG GT3 '11



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2015年12月31日 (木)

【PP500クラス】 メルセデス・ベンツ SL 500 (R230) '02


SL 500 (R230) '02

2015年の最後を飾るのはこの車です。メルセデス・ベンツのSLクラスは2シータのオープンスポーツって事なんですが、2トン近い車重ってスポーツカーにしては重すぎませんか?しかもCSタイヤが標準装備だって。SLってのはドイツ語で「軽量スポーツ」の頭文字をとった物らしいですけどね、高級車路線に振りすぎたのでしょうか、重いです。見た目はカッコいいと思うんですよ、速そうで。F1のセーフティーカーで使われた事もありましたが、フォーミュラーカーの先頭を走っていても違和感がなかったものね。実際、吊しのまま乗ってみても中々の良い走りで、さすがはMBって感じです。電動ルーフのオープンカーって事なんですけど、GT6ではオープンで走る姿って見られるのかな。全てのコースを走った訳ではないので分かりませんが。GT7が出るんだとしたら全てのオープンカーで、オープンにする・しないっていう選択ができるようにして欲しいな、ドライビングオプションか何かで。


SL 500 (R230) '02 SL 500 (R230) '02



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、エキゾーストマニフォールド、吸気系チューン
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 1インチアップ
PP / Ver. 500 / V1.22
出力 374ps / 5400rpm
トルク 56.4kgfm / 4100rpm
重量 1365kg


SL 500 (R230) '02

CSタイヤでは注意しないとパワースライドが出ますが、車重から考えれば乗りやすい部類に入りますね。フロントをグリップさせすぎるとオーバーステアが強く出るので、フロントは少し滑り気味にしています。なので制動距離がちょっと長め。突っ込みすぎると止まらないのでブレーキングポイントの見極めは慎重に。ミッションが5速なのがちょっと残念ですね、一度エンジン回転を落としてしまうと加速に時間がかかります。ミッションはコースに合わせて小まめに調整してください。PP500クラスの中では平均的な速さの車ですが、常に重さを意識していないとアタックに失敗します。が、言葉では伝えられないのでとにかく一度タイムアタックしてみてください。ハマった時の走りは痛快ですよ。ドイツ車好きなら、とりあえずコイツは持っておけという一台です。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 100 / 10085 / 85
スプリングレート (F/R) 6.00 / 6.508.50 / 9.50
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 34 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.170.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 15- / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 35
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) -
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) --


SL 500 (R230) '02 SL 500 (R230) '02



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2015年10月10日 (土)

【PP450クラス】 メルセデス・ベンツ SLK 230 コンプレッサー '98


SLK 230 コンプレッサー '98

メルセデス・ベンツの車というと超重量級の車体を高トルク・高馬力のエンジンで走らせるって言う、なんだか戦車みたいな車が多いというイメージです。中にはSLSみたいな車もありますけど。そんなメルセデス・ベンツの車でGT6に登場するものの内、ちょっと目をひくのがコレ。オイル交換後のPPが406という、扱いやすい出力帯じゃないですか。車体もコンパクトで、ちょっと重めですが軽量化で何とかなりそうな範囲です。スーパーチャージャー搭載で、フラットで安定した出力特性であり、どこからでも加速できるエンジンも扱いやすい。一つだけ文句を付けるとしたら、ミッションは6速欲しいな。ところでコイツのフロントビュー、ちょっと違和感があるんですが、何でしょうね。グリルがナンバープレートの上下に分かれているところかな。それともライトの形状かな。


SLK 230 コンプレッサー '98 SLK 230 コンプレッサー '98



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、吸気系チューン、スポーツ触媒
ボディ系 軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 1インチアップ
PP / Ver. 449 / V1.21
出力 251ps / 5800rpm
トルク 34.9kgfm / 2800rpm
重量 1084kg


SLK 230 コンプレッサー '98

ちょっとオーバーステア傾向ですが、かなり乗りやすいと思います。オーバーステアと言ってもリアが滑るタイプではなく、フロントが食いつく感じの挙動です。これならセッティングでどうにでもなる。FRというより、安定したMRといった感じの乗り味です。S2000に似た感じ、と言えばいいかな。リアは自然に流れるままに、フロントはリアに合わせてグリップしすぎないようにしてみました。乗り方としては、コーナーで減速しすぎないこと。少し高めの速度で入りつつ、気持ち早めにステアリング操作すると綺麗に曲がれると思います。その際、アクセルはパーシャルが基本ですが、リアの安定度は高いので踏んでいってもクリアできると思います。PP450の中ではかなり速い車ですね。あ、コーナリング中のブレーキは要注意です、暴れますよ。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 110 / 11090 / 90
スプリングレート (F/R) 4.20 / 4.006.20 / 6.50
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 35 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.150.00 / 0.10
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 20- / 25
LSD:減速側 (F/R) - / 10- / 13
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速260
ダウンフォース (F/R) --


SLK 230 コンプレッサー '98 SLK 230 コンプレッサー '98



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


2014年8月31日 (日)

【PP600クラス】 メルセデス・ベンツ SLS AMG '10


SLS AMG '10

さて今回は、SuperGTでも活躍中のSLS AMGです。AMGはメルセデスが開発した車を、ほぼ同時進行でスポーツ仕様として仕立てることで有名ですけど、このSLSはAMG自らが開発したらしいです。つまりAMGのオリジナルモデルってことですかね。AMGでの位置付けとしてはSLRマクラーレンの後継車らしいです。ロングノーズにショートデッキというシルエットはSLRに似ているようにも思いますが、こっちの方がカッコいいと思う。SLRは車と言うよりUFOみたいだったからね。GT6で残念なのはエンジン音かな。低く太くボロロロロって、エンジンが「トルク有りまっせー」って言ってるみたいな音が再現できてきませんよね。リプレイではある程度聞こえるけど、コクピットだと全然感じません。SLSの特徴の一つでもあるガルウィング・ドアもカッコいいよね。やっぱりスーパーカーはこうでなくっちゃ。ドライバー交代も楽そうだし。しかし、SuperGTではドライバー交代の際にドアが根元から外れてしまったっていうトラブルもありましたね。車が転覆した時にガルウィングではドアを開けられなくなってしまうので、少しでも速くドライバーを救出するために根元からドアが外れるような機構が付いているそうですよ。


SLS AMG '10 SLS AMG '10



チューニング内容とスペックは以下の通りです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット、
カーボンプロペラシャフト
パワー系 吸気系チューン、エキゾーストマニフォールド
ボディ系 剛性アップ、軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ リアウィング
PP / Ver. 597 / V1.11
出力 650ps / 7000rpm
トルク 74.5kgfm / 5000rpm
重量 1297kg


SLS AMG '10

速さで言うと前回のスクーデリアと互角かな。コースによって勝ったり負けたりです。スクーデリアより高速時のアンダーステアが強めで、つまり高速コーナーが苦手みたい。なので、東京とかモンツァはスクーデリアの方が速い。けど細かいコーナーの切り返しや脱出時の安定性は抜群なので、ニュル北や鈴鹿ではSLSの方が速いです。SLSはフロントのダウンフォースが0だからね、仕方ないのかな。今回リアウィングを付けてますが、完全に見た目勝負です。無くてもダウンフォースが200有るので、気に入らない人は外してしまっても問題ありません。
ミッションは7速までありますが、今回は7速をオーバートップの位置付けにしています。なので、コースによっては使う機会が無いかもしれませんが、だからといってミッションの最高速を下げてしまうと低ギアでホイルスピンが発生するのでお勧めしません。今回の設定でも2,3速で加速する時はショートシフトで早めに次のギアに入れてください。上まで引っ張るとリアが暴れますので。私としては、スクーデリアよりSLSの方が好みかな。操ってるぜ、っていう感じがこちらの方が強いんです。皆さんはどちらがお好みでしょうか?


タイヤ
スポーツハード スポーツソフト
車高調整 F8575
R9585
スプリングレートF7.009.00
R10.0014.00
ダンパー(伸び側)F5
R5
ダンパー(縮み側)F3
R5
スタビライザーF34
R45
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.15
LSD:イニシャルF--
R10
LSD:加速側F--
R40
LSD:減速側F--
R20
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX370
ダウンフォース F 0
R 215


SLS AMG '10 SLS AMG '10



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ