2015年2月 9日 (月)

【PP500クラス】 シェルビー シリーズ One スーパーチャージ '03


シリーズ One スーパーチャージ '03

バイパーは結構乗りやすいと思ったんですが、私にとってはちょっと速すぎたので少しPPを落としたアメ車を選んでみました。この車はキャリアモードで良く見かける、しかも先頭をぶっちぎりで走っていたりするんですよね。GT5の時はとっても乗りやすかったのですが、足回りが変わってしまったGT6ではどうなの?と、検証の意味も兼ねての参戦です。見た目はアメ車というよりヨーロッパのメーカーが作りそうなデザインだと思んですよね、なんかコンパクトに見えるし。前後をぶち抜くストライプ・ペイントさえ無ければ私の好みにも合うんですけどね。このストライプ、ペイントしなおしても消えないんですよ。実は、この車のことは何にも知りません。いつもはほぼ自分の記憶(といってもテレビで見たり、雑誌を読んだりの記憶です)のみで記事を書いているのですが、さすがに何も出てこないのでググってみたりもしたのですがやっぱり何もありませんた。面目ない。


シリーズ One スーパーチャージ '03 シリーズ One スーパーチャージ '03



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルは同インチで変えました。というか、この車はインチアップできないみたいです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット、
カーボンプロペラシャフト
パワー系 -
ボディ系 剛性アップ、軽量化1、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 500 / V1.15
出力 340ps / 6500rpm
トルク 42.1kgfm / 5000rpm
重量 1107kg


シリーズ One スーパーチャージ '03

オイル交換後PP493あるので、若干の軽量化のみを実施してPP500に納めました。このクラスにしてはバツグンの安定感があるので、もっと上のクラスを狙ってパワーアップしても全然問題無さそうですよ。けど、私にはこれくらいがちょうどイイ感じです。どんなコースでも全然怖くない。むしろ、ニュル北が楽しく思える貴重な車です。アクセルもブレーキも、いつでもどこでも踏んでください。しかも、踏む時はジワッと、ではなくてドンッと踏むのが良さげです。オーバースピード気味に突っ込んで、クリッピングの手前でブレーキをドンって踏むとリアがズッと滑って向きが変わる。で、完全に出口を向く前にアクセルをドンって踏むとパワースライド気味に一気に出口に向かって加速する感じ。言葉で言っても通じにくいと思うので、興味のある方は是非一度乗ってみて欲しいです。


タイヤ
スポーツハード スポーツソフト
車高調整 F9585
R9585
スプリングレートF5.507.00
R6.508.50
ダンパー(伸び側)F6
R45
ダンパー(縮み側)F34
R45
スタビライザーF4
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.15
LSD:イニシャルF--
R10
LSD:加速側F--
R35
LSD:減速側F--
R20
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX300
ダウンフォース F --
R --


シリーズ One スーパーチャージ '03 シリーズ One スーパーチャージ '03



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ