2016年5月 2日 (月)

【PP550クラス】 アミューズ ニスモ 380RS スーパーレジェーラ


ニスモ 380RS スーパーレジェーラ

この車はチューナーの限定車をべつのチューナーが追加チューンしたってことなんですかね。そんなのアリなんだと、ちょっと驚き。ニスモ380RSはGT6には登場しないので乗り比べてみることはできませんが、Webで検索して外観の違いは分かりました。ベースの380RSに比べて、良く言えばアグレッシブ、悪く言うとちょっとやり過ぎで下品に感じます。ベースは正統チューンアップという感じですが、コイツはコンペティション仕様なのか、効果のほどはともかく見た目のインパクトはでかいですね。標準装着タイヤもスポーツソフトなので、街乗り用の車じゃなくてサーキット走行用としての設定なのでしょうか。もしこんな車がバックミラーに映ったら、ちょっとビビっちゃうかも知れないな。


ニスモ 380RS スーパーレジェーラ ニスモ 380RS スーパーレジェーラ



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン2、セミレーシングマフラー、エキゾーストマニフォールド
ボディ系 軽量化3、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 同インチで交換
PP / Ver. 548 / V1.22
出力 499ps / 7400rpm
トルク 51.1kgfm / 5400rpm
重量 1236kg


ニスモ 380RS スーパーレジェーラ

吊しの状態で走ってみると、スポーツソフト装着なので当然と言えば当然ですが相当に安定しています。しかし、パワーとPPから予想したほどの速さは無い。ひょっとしてフラットフロアが装着されているのでしょうか。なんだか、そんな感じのパワーの喰われ方です。エンジンは回っているのに前に進んでいかないという感じ。今回はベースの安定性から考えてスポーツハードから仕立ててみました。その方が使い道も多いしな。少しアンダーステアとリアのスライドが出ますけど、乗り方でカバーできる範囲に収まったのではないかと。気になる人は前後のダウンフォースを調整してみてください。標準のスポーツソフトを履いてしまえば安定感はバッチリ、ニュル北一周でのアクセル全開率もかなりのものです。


■ セッティング内容 ■

タイヤスポーツハードスポーツソフト
車高調整 (F/R) 80 / 8060 / 60
スプリングレート (F/R) 15.00 / 15.0016.50 / 16..50
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 54 / 6
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.200.00 / 0.10
LSD:イニシャル (F/R) - / 10- / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 25- / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20- / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) 150 / 250


ニスモ 380RS スーパーレジェーラ ニスモ 380RS スーパーレジェーラ



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



2015年6月 7日 (日)

【PP500クラス】 アミューズ S2000 R1 '04


S2000 R1 '04

勝手ながら、今回からしばらくS2000を特集します。S2000をベースにしたチューニングカーがたくさん収録されているじゃないですか。なので、フレ戦などでよく使うPP500クラスを狙って色んなS2000に乗ってみようと思い立ったわけです。これから数回にわたり、アルファベット順に紹介していきます。と言うわけで、最初はアミューズからです。ボンネットにでっかく「TITAN」って書いてある他は、割とおとなしめのチューニングカーですね。アミューズのチタンマフラーってのは聞いたことあるけど、「TITAN」ってそのことなのかな?いずれにしても、この車のことは良く知らないので、ヘタに能書きたれるのはやめときます。ちなみに、GT6ではこの車のエアロパーツは用意されていないようです。


S2000 R1 '04 S2000 R1 '04



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン1、エキゾーストマニフォールド、吸気系チューン
ボディ系 軽量化3
外装パーツ -
ホイール -
PP / Ver. 499 / V1.18
出力 326ps / 8100rpm
トルク 29.6kgfm / 6600rpm
重量 1041kg


S2000 R1 '04

S2000はピーキーな車が多いんですが、この車は全く不安を感じません。どんな時でも弱アンダーステアと言った感じで、とっても安定した走りを楽しむことができますね。エアロが効いているのか何なのか不明ですけど、リアの安定感ってS2000ベースの車の中では一番じゃ無いかと思いますよ。さすがに、コーナリング中にブレーキを踏めばリアが滑ったりするけどステアリング操作で十分に修正可能な範囲だし、アクセルはいつでもどこでも安心して踏むことができます。強いて難点を上げるとすれば、高い安定性が逆目に出ている感じ。つまり、細かいコーナーが続く切り返しの多いコースでは曲がりにくいと感じることがあるかも知れません。けど、インカットする感じで早めのステアリング操作すればかなり良いラップタイムが期待できますよ。


■ セッティング内容 ■

タイヤスポーツハードスポーツソフト
車高調整 (F/R) 80 / 8070 / 70
スプリングレート (F/R) 11.50 / 12.5013.00 / 14.50
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 44 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 6 / 46 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 44 / 5
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.200.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 35
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) - / --
トランスミッション 最高速270
ダウンフォース (F/R) 0 / 100


S2000 R1 '04 S2000 R1 '04



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。

★ フレ募集は継続していますので、興味のある方はこちら『フレ限定部屋 入居者募集』をご覧ください。


フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ