2015年1月30日 (金)

【PP450クラス】 DMC デロリアン S2 '04


デロリアン S2 '04

RR車の3台目はアメリカからDMCのデロリアンが参戦です。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ですっかり有名になった車ですが、逆にそれ以外では聞いたことがない。マニアの間ではいまだに高値でやり取りされているようですけどね。ジウジアーロによるデザインって事なので試しに白く塗ってみたのですが、案の定ピアッツァやエスプリとよく似た感じになりました。フロントをもう少し低くした方がカッコいいと思うのですが、安全基準を満たすために仕方がないみたいですね。エスプリと並べてみると、明らかにアゴが上がってます。


デロリアン S2 '04 デロリアン S2 '04



チューニング内容とスペックは以下の通りです。ホイルは2インチアップしました。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット
パワー系 エキゾーストマニフォールド、スポーツ触媒、吸気チューン
ボディ系 剛性アップ、軽量化3、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
PP / Ver. 449 / V1.15
出力 246ps / 6200rpm
トルク 34.8kgfm / 4200rpm
重量 1054kg


デロリアン S2 '04

同じRRでもBTRとは全く違う挙動です。RRというより良く曲がる4WDといった感じで、バツグンの安定感と旋回性能を持っています。今回はPP450クラスとして仕立てていますが、CSタイヤでのニュル北タイムアタックはクラス最速です。SH、SSとタイヤのグリップが上がると差が少なくなりますが、それでも手持ちのPP450クラスの中ではトップクラス。BTRと何が違うんでしょうね。速さの秘密は、アクセルもブレーキも気兼ねなくいつでも踏めるという安心感です。コーナリング中でもオーバースピードだったらブレーキを踏めるし、減速しすぎたと思ったらアクセルを踏める。多少リアが流れることもありますが、普段FRに乗っている人だったら全く問題ないでしょう。コースを選ばず、汎用的に使える良い車です。


タイヤ
コンフォートソフト スポーツソフト
車高調整 F9075
R9075
スプリングレートF4.506.00
R4.807.00
ダンパー(伸び側)F5
R45
ダンパー(縮み側)F3
R45
スタビライザーF34
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.00
R0.150.05
LSD:イニシャルF--
R10
LSD:加速側F--
R30
LSD:減速側F--
R20
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F --
R --
トランスミッションMAX250
ダウンフォース F --
R --


デロリアン S2 '04 デロリアン S2 '04



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。


フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ