2014年1月19日 (日)

【配信TT/PP540】 KTM X-BOW Streer '12


X-BOW Streer '12

これは何?ジャンルで言ったらカートかバギーじゃないのかな?
KTMと言えばバイクメーカーじゃないですか。毎年、正月に行われるダカールラリーにもたくさん出場してますよ。ダカールラリーにKTMが参戦するようになってからヤマハやホンダは影が薄くなっちゃった。って言うくらいコンペティティブなバイクです。昔「ガルル」っていうバイク雑誌を定期購読していたんですが、そこに乗ってたKTMのバイクはカッコ良かったな。私、バイクはホンダ党なんですがちょっと浮気したくなっちゃったもんです。しかしこいつ、エンジンはアウディ製ですか?どうせならバイクのエンジンを積んで欲しかった。スズキのGSX-R/4みたいにね。そう言えば、形も似てますね。バイクメーカーが(今やスズキは四輪メーカーですが)車を作るとこうなっちゃうのかな?馬力は低めですが、チューニングカー・フェスティバルで楽勝できる、戦闘力の高い車です。


X-BOW Streer '12 X-BOW Streer '12



チューニング内容とスペックは以下の通りです。


足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、トリプルプレートキット
パワー系 吸気系チューン
ボディ系 -
外装パーツ -
PP / Ver. 538 / V1.03
出力 272ps / 5500rpm
トルク 35.8kgfm / 2800rpm
重量 790kg


X-BOW Streer '12

何なの、これ?真っ直ぐ走らせるだけで大汗をかいてしまうほどピーキーな車ですね。こいつでアイガー北壁を走れって、ポリフォの人は相当なSと見た。
今回のセッティングは操作性云々では無く、全てがオーバーステア対策です。とにかく安心してステアリングを切れるようにしなければタイムトライアルどころか、セッティングのためのラップもできやしない。だけど、リアのスプリング調整範囲が壁。もっと弱めてみたいのに。ホントにポリフォの人はSだ、そんなにユーザーをいじめたいのか。 いろいろ試したのですが、リアのスプリング調整量の制限により、私の腕ではこのあたりが限界。一応シーズナルイベントでゴールド取れるので良しとしますが、上手にカウンターを当てられる人は別の答えがありそうですよ。それと、もしスキリカを使うんだったらかなりアンダーステアになります。なので、タイム向上のためにはバネの調整が必要です。ちなみに、私はこのセッティングのままでスキリカ使ったら1秒しかタイム短縮できなかった。


タイヤ
スポーツハード
車高調整 F85
R85
スプリングレートF6.30
R6.74
ダンパー(伸び側)F6
R4
ダンパー(縮み側)F4
R4
スタビライザーF4
R4
キャンバー角F0.0
R0.0
トー角F0.10
R0.25
LSD:イニシャルF-
R10
LSD:加速側F-
R50
LSD:減速側F-
R25
ブレーキバランス F 5
R 5
駆動力配分 F -
R -
トランスミッション MAX 280
ダウンフォース F -
R -


X-BOW Streer '12 X-BOW Streer '12



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ