2018年9月22日 (土)

【GTS/N500】 ジャガー Fタイプ R クーペ '14


ジャガー Fタイプ R クーペ '14

ヒストリーチャンネルを見ていたら「名車の歴史」っていう番組でこの車が紹介されていたのでとりあえず乗ってみました。 AMG GTと同じくV8エンジン搭載のクーペですが、こっちの方がコンパクトに見える。幅も長さも数字上ではほぼ同じなんですが、 デザインの成せる技でしょうか。見た目もこっちの方がカッコ良くて好きかな。 ジャガーにはかつてEタイプという大ヒットしたスポーツカーがありましたが、そいつがあまりにも好評価を得てしまったために、 その後のモデルチェンジがことごとく失敗したって話です。できすぎたお兄さんがいたせいで、弟たちが苦労するって話、 どの自動車メーカーにもあると思いますが、ジャガーの場合はFタイプが出るまでの長い間引きずっていたみたいね。 そんな弟君のFタイプ、さて出来はどうなんでしょうか?

この車のリバリーは 「こちら
(GT-SPORTコミュニティサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)

表中、数字が2つ並んでいる場合、左はスポーツソフト、右はレーシングハードの設定値です。

前提条件
システム Ver.1.26
パワーレベル99%
軽量化レベル85%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト / レーシングハード
ブレーキバランス-1

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高120120
固有振動数1.65 / 1.851.65 / 1.85
アンチロールバー4 / 54 / 5
減衰比(縮み側)6362
減衰比(伸び側)9191
キャンバー角1.52.0
トー角0.00IN 0.15 / 0.10
ダウンフォース00
LSD(初期)-10
LSD(加速)-30 / 25
LSD(減速)-20
T/M 最高速7MT / 330


ジャガー Fタイプ R クーペ '14

元々はN600クラスなんですが、少し制限を超えているだけだったのでパワーを落としてN500として仕立てました。 AMG GTSと比べてみたいというのもあるし、N500でもプレミアムラウンジは楽勝だろうという感触もありましたので。 走ってみるとAMG GTSより安定している感じですが、アンダーステアが強めかな。 どうもレース向きの車では無いようです。 セッティングもかなり微妙というか難しい気がします。硬くするとか軟らかくするとかいうことではなく、 フロントに対してリアがどうかという前後の相対的な設定でものすごく挙動が変わる。 前後のバランスが取れている(同じ数値という意味ではありません)と硬くても軟らかくても乗りやすいし、その逆ではまともに走れない。 とりあえず、スポーツソフトでプレミアムラウンジで勝てるのですが、かなり疲れます。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力544ps500ps
最大トルク68.6kgfm63.0kgfm
車両重量1402kg1501kg
駆動形式FR
最高速8.98.6
加速4.5 / 5.14.5 / 5.0
ブレーキング2.4 / 2.82.4 / 2.8
コーナリング2.3 / 2.72.3 / 2.7
安定性4.8 / 4.75.0 / 4.8

ジャガー Fタイプ R クーペ '14 ジャガー Fタイプ R クーペ '14


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年9月 1日 (土)

【GTS/N500】 メルセデス AMG GT S '15


AMG GT S '15

AMGって独立系のチューナーっていうか、ニスモと無限の中間に位置するような会社だと思っていたら、 今はメルセデスの一つのブランドなのね。なので、車名の前にAMGって入っているんだって、知りませんでした。 それはともかく、コイツはSLSの後継として登場、F1のセーフティーカーにも使われている車です。 後継と言っても、セグメント(GT-SPORTではクラス)が一つ下がってる。見た目もなんだかフツーです。 ロングノーズでSLSの面影が無い訳では無いけど、フツーだよね。 スーパーカーと言ったら、なんか、こう、もっと押しが強いというか、地味に見えても他の車とは何かが違うって言うポイントが欲しいんですけど。 デカール貼っても何だかフツーなんだよな…

AMG GT Sは 「オリジナル」 と 「ブルーインパルスふう」 をシェアしてます。
(GT-SPORTコミュニティサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)

表中、数字が2つ並んでいる場合、左はスポーツソフト、右はレーシングハードの設定値です。

前提条件
システム Ver.1.24
パワーレベル107%
軽量化レベル85%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト / レーシングハード
ブレーキバランス-1

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高100100
固有振動数1.70 / 1.751.75
アンチロールバー5 / 65 / 6
減衰比(縮み側)61 / 6264 / 63
減衰比(伸び側)9191
キャンバー角1.52.0
トー角0.00IN 0.15
ダウンフォース0100
LSD(初期)-10
LSD(加速)-25
LSD(減速)-20
T/M 最高速7MT / 330


AMG GT S '15

スポーツソフトだとすごく曲がりにくく感じます。で、無理にステアリングをこじるとリアが出る。 レーシングハードではそこそこ曲がってくれるんですけどね。ということで、回頭性をメインにいじった結果、 コーナリング速度が上がったのは良いんですが、少しリアが流れる場合があるかも。軽いカウンターで凌げるレベルではあるんですが、 スピードが速いのでちょっと焦ります。車の性能に頼らず、セオリー通りのスローイン、ファーストアウトを心がけろって事でしょうかね。 タイヤはGT-Rと同じようにレーシングソフトでは速すぎてつまらないかな、と思いハードを選択しました。 が、プレミアムラウンジだったらスポーツソフトで十分ですよ。 ギアの7速目はオーバートップとして、長いストレート以外では使わないようになってます。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力546ps500ps
最大トルク70.8kgfm64.8kgfm
車両重量1334kg1664kg
駆動形式FR
最高速8.78.4
加速4.8 / 5.44.7 / 5.0
ブレーキング2.5 / 3.02.4 / 2.9
コーナリング2.5 / 2.92.4 / 2.8
安定性5.1 / 5.05.3 / 5.2

AMG GT S '15 AMG GT S '15


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年4月30日 (月)

【GTS/N500】 アウディ R8 4.2 FSI R tronic '07


20180430_1

R8と言えば、映画「アイアンマン」での逸話が有名ですね。 主人公が乗るR8を敵のロボットが破壊するシーンを撮影する予定だったんですが、R8があまりにも頑丈で思ったように壊れなかったとか。 そのため、急遽脚本の変更を余儀なくされたそうです。 いくら映画とは言え2000万円もする車を壊すなんて罰当たりなヤツらだなって思いますが、その思惑をぶち壊すアウディの車作りのスゴさってのも改めて感じました。
初めてこの車を見た時は、なんだかのっぺりしていて好きじゃ無かったんですが、カラーリングにもよるのか最近は何となくカッコ良く見えてきた。 後でもっとカッコよく見えるリバリーを作ってみたいと思います。

今回のリバリーはマットな黒をベースに、渋めにまとめてみました。タイトルは 「 ファントム 」 です。
(GT-SPORTコミュニティサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)



表中、括弧付きの数値がある場合はレーシングソフト装着時の設定値です。

前提条件
システム Ver.1.18
パワーレベル130%
軽量化レベル85%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト (レーシングソフト)
ブレーキバランス0

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高105 (100)105 (100)
固有振動数1.85 (2.05)2.00 (2.10)
アンチロールバー4 (6)5 (6)
減衰比(縮み側)60 (62)64
減衰比(伸び側)9294
キャンバー角2.01.5
トー角0.00IN 0.15
ダウンフォース100200
LSD(初期)510
LSD(加速)1025
LSD(減速)520
T/M 最高速6MT / 320


20180430_2

ミッドシップAWDって、最強の駆動レイアウトですよね。 AWDの安定感に回頭性の良さが加わったら負ける気がしない。けど、なんだか楽しくないんです。 操作している感じが薄いって言うか、ただ乗っている感じ。楽して賞金を稼ぐにはもってこいの車なんですけどね。 操作に気を遣わなくて済む分、オーバースピードになりがちです。いくら回頭性が良くても安全に曲がれる速度ってのはある訳なので、 スピードの出し過ぎには注意してくださいね。
この車で走りを楽しむんだったら、是非スポーツハードでミッドシップ・チャレンジに挑戦してみてください。 車高を5mm上げてバネを少し弱めれば対応できると思います。ただし、リアが滑りやすくなるのでアクセル操作には注意してね。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力546ps500ps
最大トルク57.0kgfm52.2kgfm
車両重量1326kg1762kg
駆動形式4WD
最高速9.18.7
加速6.44.4
ブレーキング2.5 (3.5)2.4
コーナリング2.5 (3.5)2.4
安定性6.1 (5.7)6.0

20180430_3 20180430_4


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年2月10日 (土)

【GTS/N500】 シボレー コルベット C7 GR.3 Road Car


コルベット C7 GR.3 Road Car

ポルシェ911に続いて、プレミアム・スポーツラウンジで勝つためのN500として選んだのがコイツです。 なんだか好きなんですよ、このシュッとしたシルエットが。実際のレースでもル・マン24時間で何度もクラス優勝しているし、 GT6でもすごく乗りやすかった記憶がありますし。
で、参戦した結果ですが第2戦は楽勝なんですよね。コーナーの立ち上がりで楽にライバルをパスできる。 けど、第3戦はどうしてもラ・フェラーリに勝てない。スピードが遅すぎます。ストレートに戻った時、5秒前にいても抜き返されてしまう。 もっと差を付けようと折り返しコースで頑張りすぎるとライバルと接触が有り得るし。 ゴール時点で0.1秒差まで詰められたので、何か手があるとは思うんですけどね。と言う訳でただ今ラ・フェラーリの攻略を模索中です。

今回のリバリーは「 こちら 」。(GT-SPORTコミュニティーサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)



表中、括弧付きの数値がある場合はレーシングソフト装着時の設定値です。

前提条件
システム Ver.1.12
パワーレベルLv.1 / 100% (109)
軽量化レベルLv.1 / 100% (94)
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト (レーシングソフト)
ブレーキバランス0

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高80 (65)85 (70)
固有振動数2.802.85
アンチロールバー4 (5)4 (6)
減衰比(縮み側)5555 (57)
減衰比(伸び側)8585 (87)
キャンバー角1.01.5
トー角0.00IN 0.20 (0.15)
ダウンフォース100200
LSD(初期)-10
LSD(加速)-30
LSD(減速)-20
T/M 最高速6MT / 300


コルベット C7 GR.3 Road Car

ポルシェ911から乗り換えるとアンダーステアが強めに感じますが、安定感が高く乗りやすい。 もしアンダーが出て曲がりきれないと思ったら、軽くブレーキを踏んでリアを振ってあげればよろしい。 ちょっとステアリングで修正してあげれば、太いトルクでグングン立ち上がっていきます。 ただし、レッドゾーンまで回さずに、少し早めにシフトアップした方が加速がいいみたい。 画面にデジタルタコメータが表示されている場合は、バーが真ん中あたりに来た時がシフトの目安かな。 最高速は無いけど、コーナーの立ち上がりでバシバシ抜いていく快感が十分に味わえる車ですよ。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力500ps (545)490ps
最大トルク67.4kgfm (73.4)66.0kgfm
車両重量1480kg (1391)1613kg
駆動形式FR
最高速6.0 (6.7)5.9
加速4.5 (5.8)4.5
ブレーキング2.6 (3.6)2.6 (3.6)
コーナリング2.7 (3.7)2.6 (3.6)
安定性5.3 (5.5)5.3 (5.6)

コルベット C7 GR.3 Road Car コルベット C7 GR.3 Road Car


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年2月 3日 (土)

【GTS/N500】 ポルシェ 911 GT3 RS (991) '16


911 GT3 RS (991) '16

今日はうちの稼ぎ頭を紹介します。プレミアム・スポーツラウンジの第3戦では20分弱で7000ポイント近く稼いでくれます。 ただし、レーシングソフト装着ですが。 レーシングハードだとラ・フェラーリさえ出てこなければ何とか勝てるんですが、クリーンボーナスの獲得が難しいので。 レーシングソフトを履けば何が来ても勝てるし、クリーンボーナスも確実に手にできます。
しかし、グランツーリスモにポルシェが収録されたのはとっても嬉しいことなんですけど、新しい車だけじゃなくて昔の911も欲しい。 ヘッドライトが丸くてもっと立っているヤツ、930型っていうの?詳しくは知りませんけど。 いずれにしろ512BB、カウンタックときたら旧911も必須でしょ?


表中、括弧付きの数値がある場合はレーシングソフト装着時の設定値です。

前提条件
システム Ver.1.11
パワーレベルLv.1 / 100%
軽量化レベルLv.1 / 100%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト (レーシングソフト)
ブレーキバランス0

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高115145
固有振動数1.95 (2.20)2.05 (2.20)
アンチロールバー4 (5)5 (4)
減衰比(縮み側)5854 (57)
減衰比(伸び側)88 (86)86 (85)
キャンバー角1.01.5 (2.0)
トー角0.00IN 0.15 (0.25)
ダウンフォース-200
LSD(初期)-10
LSD(加速)-30 (25)
LSD(減速)-20
T/M 最高速7MT / 320


911 GT3 RS (991) '16

コイツはとっても楽しい車ですよ。フロントが良く動くしリアの安定感もあるし、コーナー出口のトラクションもスゴイ。 難点と言えば最高速が無いことですが、コーナリングで稼いでいけばプレミアム・スポーツラウンジも楽勝です。 第3戦の首都高では、往きのストレートはひたすら我慢。折り返しからが勝負です。 敵車の動きを読みながら(何度か走れば覚えちゃいます)コーナー毎にパスしていきましょう。 ただし、グリップの高いタイヤを履くと低速コーナーでタックインみたいなイヤな挙動を示すのでご注意ください。一応セッティングでその辺の対策はしていますが、コーナリングの基本はMRと同じくアクセルちょい踏み、全閉は厳禁です。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力498ps498ps
最大トルク47.0kgfm47.0kgfm
車両重量1420kg1519kg
駆動形式RR
最高速8.6 (8.5)8.5
加速5.45.1
ブレーキング2.6 (3.5)2.6 (3.5)
コーナリング2.6 (3.5)2.5 (3.5)
安定性5.4 (5.7)5.4 (5.7)

911 GT3 RS (991) '16 911 GT3 RS (991) '16


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ