2018年9月 9日 (日)

【GTS/N600】 アミューズ S2000 GT1 ターボ


アミューズ S2000 GT1 ターボ

この車が登場したのはGT5の時でしたっけ、忘れたけど。 なぜまたGT-SPORTに?と、ちょっと疑問。コイツより先に市販のS2000を収録して欲しかったですね。 この車を否定する気は全くありませんが、市販のS2000がGT-SPORTでどのように再現されるのかを体感してからコイツに乗りたかった。 個人的にはS2000って、ホンダを代表する名車じゃないかと思います。 商売のことは忘れて、「ホンダの車ってどんなんだっけ?」という思いだけで技術者が作り上げたような気がする。 あくまでも私の勝手な想像ですけどね。足が硬すぎるとか、リアが不安定とか、悪い評価もあったけど10万台以上売れたんでしょ? 走ることしか能の無い車にしては大ヒットですよね。

リバリーは 「青黄ツートン」 と 「赤黒ツートン」 なんてのをシェアしてます。
(GT-SPORTコミュニティサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)

表中、数字が2つ並んでいる場合、左はスポーツソフト、右はレーシングハードの設定値です。

前提条件
システム Ver.1.26
パワーレベル100%
軽量化レベル100%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト / レーシングハード
ブレーキバランス-1

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高95 / 9095 / 90
固有振動数2.75 / 2.852.75 / 2.85
アンチロールバー65
減衰比(縮み側)5754 / 55
減衰比(伸び側)8484
キャンバー角1.5 / 1.72.5
トー角0.00IN 0.15
ダウンフォース175450
LSD(初期)-10
LSD(加速)-25
LSD(減速)-20
T/M 最高速7MT / 330 / 340


アミューズ S2000 GT1 ターボ

フロントのカナードもリアウィングも、ボンネットのエア抜きもちょっと大きすぎる。見た目が下品に感じますよ。 しかし、そのおかげかNクラスの車にしてはガッツリとダウンフォースが付いていてコーナリングがとっても楽ちんです。 むしろ楽すぎてN600クラスじゃないね、これは。Gr.3が妥当なところだと思います。 これでNクラスのレースに出るのは気が引ける、というか邪道な気がします。 もちろん、プレミアムラウンジもスポーツソフトで楽勝です。ドラッグが大きいため最高速は低めで、 ラ・フェラーリやヴェイロンには煽られまくりですが、コーナリング速度がバツグンです。なんだか、ブレーキを踏むのを忘れそうなくらいの安定感。 くれぐれも、スピードの出し過ぎには注意して下さい。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力625ps550ps
最大トルク57.9kgfm51.0kgfm
車両重量1120kg1321kg
駆動形式FR
最高速7.7 / 7.57.0 / 7.1
加速5.0 / 5.84.9 / 5.6
ブレーキング3.0 / 3.52.9 / 3.3
コーナリング2.9 / 3.42.8 / 3.2
安定性4.6 / 4.94.9 / 5.2

アミューズ S2000 GT1 ターボ アミューズ S2000 GT1 ターボ


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年9月 7日 (金)

【GTS/N600】 メルセデス SLS AMG '10


メルセデス SLS AMG '10

今回もAMGの1台、先代のF1セーフティーカーですね。日本ではSuperGTでも活躍していました。 メルセデスを代表する往年のスーパーカー、300SLを現代に蘇らせたって言う夢のある車ですね。しかも、AMGの独自開発だそうですよ。 ロングノーズ&ショートデッキにガルウィングドアって300SLそのまんま、派手さは無いんだけどなんだかカッコいいよね。 ところで、このガルウィングドアってヤツはレースに出るためには少し問題があったそうです。 車がひっくり返った時、ドアが開かずにドライバーを救出できない心配があったとか。 なので、レースカーはドアヒンジを破壊してドアごと外すシステムが搭載されているそう。 それが悪さして、ドライバー交代か何かの時にドアが取れちゃった事件ってのがSuperGTであったように記憶しています。

リバリーは 「クローム・レッド」 と 「ホワイト」 なんてのを作ってみました。
(GT-SPORTコミュニティサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)

表中、数字が2つ並んでいる場合、左はスポーツソフト、右はレーシングハードの設定値です。

前提条件
システム Ver.1.26
パワーレベル100%
軽量化レベル84%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト / レーシングハード
ブレーキバランス-2

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高9595
固有振動数1.75 / 1.851.80 / 1.85
アンチロールバー5 / 65 / 6
減衰比(縮み側)63 / 6161 / 62
減衰比(伸び側)91 / 9090 / 91
キャンバー角1.8 / 2.02.5
トー角0.00IN 0.15 / 0.10
ダウンフォース0100
LSD(初期)-10
LSD(加速)-30
LSD(減速)-20
T/M 最高速7MT / 350


メルセデス SLS AMG '10

長ーいフロントの見た目からは判断できない回頭性の持ち主ですよ。まるでMRの車に乗っているみたい。後継のGTSとは全く逆の特性かな。 とにかくフロントが良く動きます。だからといってリアが出るような事も無く、とても乗りやすいと思いますよ。ただし、ちょっと重たいかな。 スポーツソフトではコーナーの横Gに耐えきれず、外へ膨らんでしまう。まぁ、減速すりゃ良いんですが、足回りがしっかりしているもんで、 ついつい高速のまま入っていってしまうんですよね。 レーシングハードなら、それも抑えられてとっても速くて楽しい走りを堪能できます。けど、スポーツソフトでプレミアムラウンジを制覇するってのが 一番楽しいかもね。ミッションは7速ありますが、GTSと同じく7速はオーバートップ気味にしてあります。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力578ps601ps
最大トルク66.3kgfm68.9kgfm
車両重量1360kg1555kg
駆動形式FR
最高速9.5 / 9.29.6 / 9.2
加速4.7 / 5.34.7 / 5.2
ブレーキング2.5 / 2.92.4 / 2.9
コーナリング2.5 / 2.92.4 / 2.8
安定性5.0 / 4.95.1 / 5.0

メルセデス SLS AMG '10 メルセデス SLS AMG '10


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年7月28日 (土)

【GTS/N600】 日産 GT-R ニスモ '17


GT-R ニスモ '17

さて今回もGT-Rですが、「スカイライン」の冠が外れたR35の方です。全くと言っていいほど、街で見かけないR35です。 ドラマ「相棒」で神戸君が乗っていたやつと、SuperGTに出てくるGT3をテレビで見るくらいの、縁が薄いR35です。 やっぱり値段がね、高すぎますよね。1千万円超だもの。このニスモ仕様は2千万円近いらしい。 値段だけ見ればスポーツカーじゃなくて、立派なスーパーカーですね。 けど、自分が1千万もらって好きな車買っていいよ、って言われたらGT-Rを買うだろうかって思っちゃう。 おそらく、ドイツ車のディーラーを回るんじゃ無いかと思いますよ。 話は変わりますが、このモデルをベースにした(?)2018年仕様のGT3はかなり速いらしいじゃないですか。 来年のSuperGT参戦が楽しみです。

リバリーは 「 JPSロータス 」風に、ちょっと渋めに作ってみました。
(GT-SPORTコミュニティサイトに飛びます、アカウントが無い人は入れません)



表中、数字が3つ並んでいる場合、左からスポーツソフト(SS)、レーシングハード(RH)、レーシングソフト(RS)を装着した時の設定値です。

前提条件
システム Ver.1.21
パワーレベル100%
軽量化レベル85%
トラクションコントロール0
タイヤSS / RH / RS
ブレーキバランス-2

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高110 / 100 / 100110 / 100 / 100
固有振動数1.95 / 2.10 / 2.201.95 / 2.20 / 2.30
アンチロールバー5 / 5 / 65 / 5 / 7
減衰比(縮み側)61 / 61 / 6063
減衰比(伸び側)90 / 90 / 9390
キャンバー角2.01.5
トー角0.00IN 0.15
ダウンフォース020
LSD(初期)510
LSD(加速)1025
LSD(減速)515
T/M 最高速6MT / 330


GT-R ニスモ '17

安定していて、アンダーステアもそれほど強くは無いので乗りやすいと思います。 プレミアムラウンジもスポーツソフトで十分に楽しめます。ただし、真剣に走らないとクリーンなレースは難しい。 ビールを飲みながら走っている私としては、もう少し楽に運転したかったので、いつも通りレーシングソフトを履いてみました。 そしたら逆に、速すぎてつまらないんです。あっという間に勝負が付いて、ほとんど一人旅状態です。 と言う訳で、レーシングハードもセッティングしました。 酒飲みGTドライバーには、これくらいがちょうどイイ感じです。 ドライビングで特に気をつける点はありませんが、制動距離が長いのでブレーキングポイントの見極めは慎重に。 無理に突っ込むと絶対に止まりきれません。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力600ps600ps
最大トルク66.5kgfm66.5kgfm
車両重量1479kg1513kg
駆動形式4WD
最高速9.39.3
加速5.85.7
ブレーキング2.4 / 3.0 / 3.32.4 / 3.0 / 3.3
コーナリング2.4 / 3.0 / 3.22.3 / 3.0 / 3.2
安定性5.4 / 5.3 / 5.35.4 / 5.3 / 5.3

GT-R ニスモ '17 GT-R ニスモ '17


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



2018年1月13日 (土)

【GTS/N600】 フェラーリ 458 イタリア '09


20180113_1

基本的にビールを飲みながら走っているのでスピードの速い車は、特に300km/hを軽く超えるような車は得意じゃないんだけど、GTリーグで必要になるので仕立ててみました。
実は先にNSXに乗り始めたのですが、どうもうまいセッティングが見つからないのでGT6で乗りやすかったコイツにターゲットを変更。 GT-SPORTでも相変わらず乗りやすいので、これでハイパワーMRマシンの練習をしてから改めてNSXに乗ることにします。 にしても、フェラーリの品揃えはちょっと寂しいですね。先日のアップデートで追加はされたけど、 ランボにはカウンタックが追加されたんだから、フェラーリにもディーノ、512BBあたりは入れて欲しい。 あとランボではミウラあたりを期待したいところです。


前提条件
システム Ver.1.10
パワーレベル100%
軽量化レベル100%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト
ブレーキバランス0

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高105120
固有振動数2.102.20
アンチロールバー45
減衰比(縮み側)5755
減衰比(伸び側)8785
キャンバー角1.01.5
トー角0.00IN 0.20
ダウンフォース-100
LSD(初期)-5
LSD(加速)-20
LSD(減速)-10
T/M 最高速7MT / 330


20180113_2

乗りやすいとは言っても、やはりMR特有の挙動があります。 単発のコーナーでは気になるほどのオーバーステアでもないんですが、左右の切り返しが連続するとリアが不安定になる。 リアの横方向への踏ん張りが少し足りないみたいです。なので、そこら辺を対策しました。
ただ、リアの安定性に気を取られすぎるとせっかくのハンドリングの良さが失われてしまうので、「そこそこ」の範囲に抑えてあります。 なのでラフなアクセル操作ではリアが暴れるのでご注意ください。気になる場合はリアのバネをフロントと同じにしてあげると良いかも。 もちろん、安定する分曲がりにくくはなりますが。 スポーツソフトでもラ・フェラーリなんか敵じゃありませんが、レーシングタイヤを履く場合はバネを前後とも少し(0.05~0.1くらい)強めてあげると、より安定感が増すように思いますのでお試し下さい。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力571ps600ps
最大トルク55.1kgfm57.8kgfm
車両重量1485kg1514kg
駆動形式MR
最高速9.49.5
加速5.35.3
ブレーキング2.42.4
コーナリング2.42.4
安定性5.55.4

20180113_3 20180113_4


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ