2018年1月13日 (土)

【GTS/N600】 フェラーリ 458 イタリア '09


20180113_1

基本的にビールを飲みながら走っているのでスピードの速い車は、特に300km/hを軽く超えるような車は得意じゃないんだけど、GTリーグで必要になるので仕立ててみました。
実は先にNSXに乗り始めたのですが、どうもうまいセッティングが見つからないのでGT6で乗りやすかったコイツにターゲットを変更。 GT-SPORTでも相変わらず乗りやすいので、これでハイパワーMRマシンの練習をしてから改めてNSXに乗ることにします。 にしても、フェラーリの品揃えはちょっと寂しいですね。先日のアップデートで追加はされたけど、 ランボにはカウンタックが追加されたんだから、フェラーリにもディーノ、512BBあたりは入れて欲しい。 あとランボではミウラあたりを期待したいところです。


前提条件
システム Ver.1.10
パワーレベル100%
軽量化レベル100%
トラクションコントロール0
タイヤスポーツソフト
ブレーキバランス0

*) TCS=0はセッティングの都合です。お好みで調整してください。


セッティング内容
項目FR
車高105120
固有振動数2.102.20
アンチロールバー45
減衰比(縮み側)5755
減衰比(伸び側)8785
キャンバー角1.01.5
トー角0.00IN 0.20
ダウンフォース-100
LSD(初期)-5
LSD(加速)-20
LSD(減速)-10
T/M 最高速7MT / 330


20180113_2

乗りやすいとは言っても、やはりMR特有の挙動があります。 単発のコーナーでは気になるほどのオーバーステアでもないんですが、左右の切り返しが連続するとリアが不安定になる。 リアの横方向への踏ん張りが少し足りないみたいです。なので、そこら辺を対策しました。
ただ、リアの安定性に気を取られすぎるとせっかくのハンドリングの良さが失われてしまうので、「そこそこ」の範囲に抑えてあります。 なのでラフなアクセル操作ではリアが暴れるのでご注意ください。気になる場合はリアのバネをフロントと同じにしてあげると良いかも。 もちろん、安定する分曲がりにくくはなりますが。 スポーツソフトでもラ・フェラーリなんか敵じゃありませんが、レーシングタイヤを履く場合はバネを前後とも少し(0.05~0.1くらい)強めてあげると、より安定感が増すように思いますのでお試し下さい。


スペック
項目BOP無しBOP適用
最高出力571ps600ps
最大トルク55.1kgfm57.8kgfm
車両重量1485kg1514kg
駆動形式MR
最高速9.49.5
加速5.35.3
ブレーキング2.42.4
コーナリング2.42.4
安定性5.55.4

20180113_3 20180113_4


と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


カテゴリを整理しました。GT6の記事はサイドバーの「GT6 紹介車両リスト」からお探しください。

★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。



フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ