2014年1月 9日 (木)

Q: Ver.1.02は不具合があるそうですが、ここのセッティング例は大丈夫?


A: スペックにVer.1.02と書いてあるものはVer.1.02で使う限りは大丈夫です、と思いたい。。。


「大丈夫ですか?」の意味は、参考にしても問題ないか?と言うことだととらえて回答します。

気になったのでググってみたところ、キャンバー角の処理がおかしいとか、ホイルを交換すると挙動が変わるとか、セッティングに影響する不具合の話題がみつかりました。ポリフォが正式に言っているのかどうかは調べていませんけど。しかし、確かにキャンバーをいじると挙動がおかしくなることは実感しています。なので、ただの噂ではなくて不具合として実在しているんでしょうね。


で、私が紹介しているセッティング例ですけど、現実世界のセッティングのセオリーとか理論値とかは一切無視しています。単純に、コース(主にローマ市街地とニュル北)を走りながら上げたり下げたり、強めたり弱めたりを繰り返しながらラップタイムと乗りやすさが両立できる設定値の組み合わせを探した結果なのです。なので、不具合が有ったとしても、それ込みで私なりのベストな状態が反映されています。車重がXで重量バランスがYだからバネレートはZだ!なんて決め方は一切していません。
GT5の時も、足回りの不具合修正でアップデートが行われた瞬間、それまでのセッティングがすべて崩れてしまったと言うことも経験していますしね。だから、セッティング例にはシステム・バージョンも合わせて記載しています。つまり、このバージョンだったらこの例がいいと思いますよ、他のバージョンだったら注意してねってこと。

これは逆に言えば、今後システム・アップデートが行われた場合は今紹介しているセッティング例は参考にならなくなってしまうと言う可能性があるってことです。事実、Ver.1.01でセッティングしたレビンとかZ4は今乗ってみると挙動が変だもの。
システム・アップデートが実施された時は、ただセッティングをコピーするだけじゃなくて、何が変わったのかを調べてセッティングも修正してくださいね。


質問してくれた方、これで答えになってますかね。。。?
では、また。


2013年12月21日 (土)

Q: 掲載されているGT5のセッティングはGT6でも使えますか?


A: そのまま使うのは難しいと思いますよ。。。


まだ市販車4台しか試していないので確かなことは分かりませんが、GT5のセッティングではかなり硬すぎるようです。また、前後のバランスの取り方もちょっと違う気がします。

GT5では、とりあえず車高を下げてバネを強めれば(タイヤ毎に強める限界は違いますけど)ラップタイムが向上したのですが、GT6ではそうとも言えない。車高は確保したまま、従ってバネもそう強めずにある程度車体がロールするようにした方がコーナリングが速い場合があります。また、アンダーステア対策としてリアの車高を上げて、バネを強めて、なんてことをやってましたけど、それをGT6に持ち込むとリアが暴れちゃう。それも、車ごとに挙動が異なるのでコースを走りながら確認中です。同じ車のセッティングでも、GT5の何倍も周回を重ねないと良い所が見つかりません。


これまでの所、サスペンションの調整項目の中でタイム向上に大きく効きそうなのは車高とスタビライザーっぽいです。それ以外の項目は味付け的な要素かな。駆動方式によってはキャンバーとトー角も影響するけどLSD設定値との組み合わせで決まると思うので、今のところ何とも言い切れません。


もし、GT5のセッティング例を参考にするなら、設定値を70%くらいに弱めて使ってみれば何とかなるかもしれませんよ。但し、車高はあてにならないので自分で良い所を見つけてください。


では、また。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ