2017年3月 5日 (日)

【PP550クラス】 TVR タスカン スピード6 '00


タスカン スピード6 '00

さて今回は、配信イベントのイギリス車限定タイムアタック向けの車です。 イギリス車でPP550クラスと言われると、選択肢が限られてしまうんですよね。車検索すると71台しかありません。しかもPP550クラスで使えそうな車となるとジャガーかアストンマーチンの車がメイン。けど、みんな重いんですよね。ブランズハッチには向いていなさそう。そんな訳でこの車、タスカン スピード6を選びました。横から見るとカッコいいんだけど、ヘッドライト回りとかリアビューが好みでは無いのでずーっと乗らずにいましたが、良い機会なので試乗を兼ねてイベントに参戦しました。この車のことは全く知らないのですが、その昔、渡哲也さんが率いる石原軍団が西部警察か何かの撮影中に事故を起こしたって事だけ覚えています。事故の原因はドライバーの操作ミスらしいですが、確かにこんなパワフルで扱いにくい車を人混みの中で走らせたら危ないよねってことが理解できましたよ。


タスカン スピード6 '00 タスカン スピード6 '00



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト、フルカスタマイズLSD
パワー系 エンジンチューン1、スポーツコンピュータ、スポーツマフラー、エキゾーストマニフォールド
吸気系チューン
ボディ系 軽量化2、カーボンボンネット、ウィンドウ軽量化
外装パーツ カスタムリアウィングC
ホイール 2インチアップ
PP / Ver. 549 / V1.22
出力 484ps / 7400rpm
トルク 53.3kgfm / 5400rpm
重量 964kg


タスカン スピード6 '00

はっきり言って、なんだかよく分からない車です。基本的にはアンダーステアなのですが、たまに思いっきりオーバーステアになることがあります。しかし、その原因がよく分かりません。下り勾配のコーナーとか、フラットなコーナーでアクセルONしたとか、普通は何か思い当たる理由があるんですけど。同じコーナーでもアンダーだったりオーバーだったり。進入角度の違いとか、車速の違いとか、舵角やペダル操作の違いとか、何か原因がある筈なんですけどね。その特性はスポーツハードで顕著です。対策の一つとしてリアウィングを装着したのですが、効果は?です。付けても付けなくても操作性は変わらないような気がします。スポーツソフト装着ではそこそこの走りを見せてくれるのですが、ギアが5速と言うこともあり、走っていてストレスが溜まります。なので、この車はベストラップ・ランキングには参戦しませんのでよろしく。


■ セッティング内容 ■

タイヤスポーツハードスポーツソフト
車高調整 (F/R) 75 / 7565 / 65
スプリングレート (F/R) 5.00 / 6.006.50 / 8.00
ダンパー縮み側 (F/R) 3 / 43 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 4 / 4
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) --
トランスミッション 最高速320
ダウンフォース (F/R) 0 / 15


タスカン スピード6 '00 タスカン スピード6 '00



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ ご意見・ご質問などは「コメント・掲示板」へお願いします。


2016年1月10日 (日)

【PP500クラス】 TVR V8S '91


V8S '91

全く馴染みのない車ですが、見た目がおもしろいので選びました。何がおもしろいかというと、角度によって色んな車に見えてくる。それはロータス・ヨーロッパだったり、フェラーリ・ディーノだったり、ポルシェの昔の911シリーズだったり、日産の280Zだったり。
で、その実体はというと軽量FRスポーツです、なかなか乗りやすいですよ。やっぱり軽いというのは武器になるのでしょうか。このサイズとエンジンで車重が1050kgというのは、ボディはひょっとてFRPでしょうかね。アルミでもここまでの軽量化は難しいんじゃないかな。いずれにしても、コーナリングが軽やかに感じる車です。


V8S '91 V8S '91



■ チューニング内容&スペック ■

足回り フルカスタマイズ・サス、レーシングブレーキキット
駆動系 フルカスタマイズTM、フルカスタマイズLSD、ツインプレートキット、カーボンプロペラシャフト
パワー系 エンジンチューン2、スポーツマフラー
ボディ系 軽量化3、ウィンドウ軽量化
外装パーツ -
ホイール 2インチアップ
PP / Ver. 498 / V1.22
出力 309ps / 5800rpm
トルク 45.1kgfm / 3300rpm
重量 882kg


V8S '91

標準はSHタイヤですが、安定性もあり乗りやすい車なのでCSタイヤからセッティングしてみました。CSタイヤではさすがにパワースライドなど、コーナリングで注意が必要ですがなかなか速いです。やっぱり軽さってのは武器ですかね。CS/SHタイヤでは特に秀でた点はありませんが、特に問題点も見当たりません。強いて言えば、ミッションが5速ってところでしょうか。コーナリング時に挙動が乱れた時はヘタに修正舵を当てるのではなく、ステアリングの舵角を一定に保ちつつ、ペダル操作でラインを維持するようにした方が良さそうです。SSタイヤを履いてしまえばかなりスポーティーな走りができますけど。
ラップタイムで言うと、CS/SHタイヤでは前回のSL500と同等。SSタイヤならこっちの方が少し速い感じです。


■ セッティング内容 ■

タイヤコンフォートソフトスポーツソフト
車高調整 (F/R) 120 / 12095 / 95
スプリングレート (F/R) 5.20 / 5.206.50 / 7.00
ダンパー縮み側 (F/R) 4 / 44 / 5
ダンパー伸び側 (F/R) 5 / 45 / 5
スタビライザー (F/R) 3 / 34 / 4
キャンバー角 (F/R) 0.0 / 0.0
トー角 (F/R) 0.00 / 0.15
LSD:イニシャル (F/R) - / 10
LSD:加速側 (F/R) - / 30
LSD:減速側 (F/R) - / 20
ブレーキバランス (F/R) 5 / 5
駆動力配分 (F/R) -
トランスミッション 最高速300
ダウンフォース (F/R) --


V8S '91 V8S '91



と言うわけで、今回はここまで。
では、また。


★ コメントは、原則として非表示になっています。ご意見・ご要望などお気軽にお寄せ下さい。



フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ